2013年04月13日

1TBのSSDも視野に。Micronの新型SSDが960GB=6万円で秋葉原に登場

BUY MORE秋葉原本店他、秋葉原の複数のショップで最大960GBのMicron製新型SSDが発売されました。
1TBもいよいよ視野に入って来ましたね。
まだ6万円しますが、コストダウンにともなってこれから安くなって数年後には主力になるのでは、と楽しみです。

SDDのショッピング



SSDが「最大約1TB」時代に、Crucialの新型「M500」が発売
960GBモデルは約6万円、120GB〜480GBの下位モデルも同時
Micronの新型SSD「Crucial M500」が登場。最大容量の960GBモデルなど、複数のモデルが発売された。

 発売されたのは、2.5インチタイプの120GB/240GB/480GB/960GBモデルとmSATAタイプの120GBモデル。実売価格は12,800〜66,800円。960GBモデルは59,950円という格安販売例も確認できた。

 ただし、その960GBモデルは「入荷は少量で、次回入荷は未定」という。発売当日に完売したショップも複数あり、当分は争奪戦になりそうだ。

●Marvell製コントローラと同社製MLC NANDを採用960GBモデルは当面品薄?
 M500は、Marvel製コントローラ「88SS9187」と20nm製造の同社製MLC NANDフラッシュを搭載した6Gbps SATA SSD。

 2.5インチ、mSATA、M.2の3つの形状があり、2.5インチタイプのみ最大容量モデルの960GBが用意されている。mSATAとM.2は480GB、240GB、120GBの3モデル(M.2については後述)。

 大容量の2.5インチSSDとしては、KINGMAXの「SMU25 Client Pro」やOCZの「Octane」といった1TBの製品もあるが、いずれも実売10万円超と非常に高価。一方、M500の960GBモデルは、1TBに及ばないものの実売6万円台。絶対的な価格はまだ高いものの、導入しやすい大容量SSDとして注目されそうだ。

 公称性能が最も高いのは960GBモデルと480GBモデルで、シーケンシャルアクセスがリード500MB/s、ライト400MB/s、ランダムアクセスがリード/ライト80,000IOPSとされている。

 以下のモデルについては、240GBモデルがシーケンシャルリード500MB/s、ライト250MB/s、ランダムリード72,000IOPS、ライト60,000IOPS、120GBモデルがシーケンシャルリード500MB/s、ライト130MB/s、ランダムリード62,000IOPS、ライト35,000IOPSとなっている。

 SSDの寿命の指標となるTBW(総書き込み容量)は72TB。1日40GBのライトを行なった場合で5年間使用できるとしている。また、MTTF(平均故障時間)は120万時間とされている。2.5インチタイプには、9.5mm厚に変換するスペーサーが付属する。

 なお、M.2(NGFF)は、現行のmSATAより薄い拡張モジュール向けフォームファクタで、次世代Ultrabookでの採用が見込まれている。
(AKIBA Watchより)
posted by カミガタ at 14:07 | TrackBack(0) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米HGST業界初のエンタープライズ向けのSAS 12Gbps対応SSD発表

SASというエンタープライズ向けの高コスト・信頼性重視のインターフェイス用で、Serial ATA(現在6Gbpsが最高)が標準のPC用とはかけ離れたものですが、サーバ・ストレージもSSDが当たり前という時代になったな、と痛感させられます。

米HGSTは9日(現地時間)、業界初となるエンタープライズ向けのSAS 12Gbps対応2.5インチSSD「Ultrastar SSD800MH」、「Ultrastar SSD800MM」、「Ultrastar SSD1000MR」を発表した。すでに限定した顧客にサンプル提供を開始し検証を進めており、6月に一般販売の開始を予定している。

 25nm MLC NANDを採用した2.5インチ/15mm厚のエンタープライズ向けSSDで、SAS 12Gbpsにネイティブ対応した製品となる。

 高耐久性モデルのUltrastar SSD800MHは、25DW/D(Drive Write per Day for five years、5年の期間中に1日当たりに全容量書き換え可能な回数)の耐久性。性能はシーケンシャル読み込みが1,200MB/sec、同書き込みが750MB/sec、ランダム読み込みが145,000IOPS、同書き込みが100,000IOPS。容量は200/400/800GB。

 メインストリームの耐久性重視モデルとなるUltrastar SSD800MMは、耐久性が10DW/D、シーケンシャル読み込みが1,200MB/sec、同書き込みが700MB/sec、ランダム読み込みが145,000IOPS、同書き込みが70,000IOPS。容量は200/400/800GB。

 Ultrastar SSD1000MRは、耐久性が2DW/D、シーケンシャル読み込みが1,200MB/sec、同書き込みが700MB/sec、ランダム読み込みが145,000IOPS、同書き込みが20,000IOPS。容量は250/500/1000GB。

 SAS 12Gbpsのホスト側製品は、LSIが今年3月に量産製品を発表している。
posted by カミガタ at 01:00 | TrackBack(0) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

性能上位並みのプレクスター「M5S」256GBが1万5千円台! SSDの普及に加速も

びっくりの価格です。
M5Sといえば、以前の記事でも紹介した通り、NANDチップこそ、上位製品「M3P」の東芝製ではありませんが、256GBのベンチマーク結果は互角でしかも、ランダム書き込みは上回るところがあります。
こんなハイエンドに近い製品が256GB1万5千円台で買えるんだから、現状だったら間違いなく、「お得」です。
SSDをお考えの方は購入してみてはいかがでしょうか。
また他のSSDも引きづられて価格が落ちるでしょうから、起動ドライブとしてSSDがHDDに変わって主流に踊り出る日も遠くはないですね

プレクスターのSSD




プレクスター「M5S」256GBが値下がり、激戦の1万5千円台に。3日までの期間限定
人気のプレクスター製SSDの新モデル「M5S」の256GB版が期間限定で値下がり。256GB SSDの激戦価格帯である1万5千円台に突入した。

 27日(金)現在の最安値は先週比で1,500円ほど安い15,770円。ツクモ各店やソフマップ各店、ドスパラパーツ館、PC DIY SHOP FreeT、ZOA 秋葉原本店など多くのショップがほぼ同じ価格帯で販売している。

 250GBクラスのSSDは、先週、Intelも廉価版の新製品を発売したばかり。250GBクラスの価格競争がさらに加熱してきたかっこうだ。

●7月7日発売の新型SSD

 M5Sは、今月7日に発売されたばかりの新型SSD。搭載コントローラはMarvell製で、公称速度はリード520MB/sなど。発売当初の実売価格は256GBは19,000円前後、128GBが11,000円前後だったが、その後価格が下落、先週の最安値は256GBが17,480円、128GBが9,280円となっていた。

 そして今週、複数のショップが「8月3日までの期間限定」として、256GBの値下げをほぼ一斉に告知。価格は各ショップとも概ね15,770円。3週間前の発売時より、約5千円値下がりしたかっこうだ。

 なお、同社のSSDとしては「M3P」もあり、こちらの相場は現在256GB=24,000円前後。スペックなどは異なるが、プレクスターブランドのSSDとしては「M5S」の安値感が特に強調されている。

 ちなみに、この15,000円〜17,000円台は250GB級SSDの激戦価格帯。先週、 SSD 330の240GBモデルが新登場したIntelやCrucial、SAMSUNGなどのブランド品もこの価格帯でしのぎを削っている
posted by カミガタ at 11:41 | TrackBack(0) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

プレクスターSSD新製品「M5S」は思った以上にパフォーマンスも良い製品。ただの廉価版ではない

性能に定評のあるプレクスターのSSDに新製品「M5P」が登場。
後ろに「P」がついてないので(メモリチップのメーカーが東芝からMicron製に)、世代は新しいがM3Pの下位機種かと思っていたら、ランダム性能でも256GBだと書き込みは上回るところがあって、256GBなら手軽にプレクスターSSDの高性能が楽しめるので、ヒットするのではないかと思います。
M3Pの実売価格が今後どれくらい減少するかですが、256GBならM5Sで十分だと思います。

プレクスターのSSD



プレクスターの新型SSD「M5S」が発売に

ランダムライト性能が向上したというPlextor製SSDの新製品「M5S」が発売された。

 実売価格は256GBモデルが19,000円前後、128GBモデルが11,000円前後。このほか、64GBモデルがラインナップされている(全3モデル)。

●M3 Proに続く新モデル
 M5Sは6Gbps SATAに対応した2.5インチ/9.5mm厚のSSD。同社製SSDとしては、2月に登場した「M3 Pro」に続く製品で、M3Pよりランダムライト性能が向上したというのが特徴だ。

 同社による256GBモデルの性能値(最大)は、シーケンシャルアクセス時がリード520MB/s、ライト390MB/s、ランダムアクセス(4KB)時がリード73,000IOPS、ライト70,000IOPS。

 M3 Proの256GBモデルとスペックを比較すると、M5Sではシーケンシャルリード/ライトと、ランダムリードがM3 Proより低いものの、ランダムライトは68,000IOPSから70,000IOPSへ向上している。

 また、同社によると、NCQ使用時のランダムアクセスも向上しているという。同社が行なったCrystalDiskMarkによるテストでは、NCQ対応ドライブのテスト項目「4K QD32」でM5Sの方が高い値を示している。

 独自のファームウェア技術により、SSDを長期使用しても性能の低下が抑えられるという点や、長寿命を実現したという点は従来同様。

 搭載コントローラはM3 Proと同じMarvel製「88SS9174」。NANDフラッシュはMicron製を採用している(M3 Proは東芝製)。キャッシュはDDR3メモリで、搭載容量は256GBモデルが512MB、128GBモデルが256MB、64GBモデルが128MB。

 本体サイズは幅69.85×高さ9.5×奥行き100mm、重量は75g。消費電力は動作時2.8W、アイドル時0.7W。
(Akiba PC Hotlineより)
posted by カミガタ at 13:36 | TrackBack(2) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ついにSSDが32GBで8800円! 64GBでも16800円。普及段階に入ったか

32GBあれば通常のアプリケーションの使用にはまったく問題ないでしょう。
64GBとなると、2年前のノートパソコンの標準容量…。
となると、完全にSSDは普及段階に入ったと言えるでしょう。
来年にはHDDにかなり迫ってくるのでは…

(Impress Watchより)
32GB=8,800円の高速SSDが発売


32GBモデルが9千円を割る、格安価格の高速SSDがSILICON POWERから発売された。ラインナップは32GBと64GBの2タイプで、64GBの実売価格も16,800円とかなりの安さだ。

●公称ライト95MB/s、メーカー保証は2年間

 今回が初となるSILICON POWER製SSDだが、公称速度はリード最大165MB/s、ライト最大95MB/sで、他社の普及モデルと同クラス。入荷したオリオスペックのテストでは、リード141MB/s、ライト88.72MB/sという数字が出たという。

 採用チップはMLCで、サイズは2.5インチ/9.5mm厚。国内保証はメーカー2年間とされている。
posted by カミガタ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。