2008年01月02日

会津若松市などyoutubeを観光PRに利用する地方自治体が増えている!

企業や政党だけでなく、最近は自治体にも広がってきているようです。
この記事では、引用した福島県会津若松市だけでなく、他の都市のことも紹介しています。

例えば長野県信濃町では、町の一部地域にNTTの「Bフレッツ」が開通したのをきっかけに、「PRビデオ」や「クリスマス会」「除雪機械出動式」といった地域のイベントが公開。
特に、1995年の災害で堤防が決壊した様子を収めた動画は、youtubeの「おすすめ動画」に登録され、すでに3万2000回以上再生されているそうです。

また、三重県いなべ市や、兵庫県新温泉町でもケーブルテレビ向けに制作した映像を再編集して公開するなどして、youtubeによる動画公開を始めたそうです。

youtubeではないですが、兵庫県篠山市は映像アーカイブのネット公開に積極的で、昔の運動会や国鉄篠山線廃止などたくさん見させてもらいました。

各自治体がyoutubeのメリットとして上げるのがやはりコスト面。
月に数万かかるサーバー代などのシステム構築費用が省けるのが大きなメリット。

Youtubeが動画のプラットフォームとしてふさわしい、という事を象徴してますね。

財政的に苦境に陥って、市町村の合併が進んでいる最近だけに、地方自治体はいろいろな方法で、地域をアピールする必要があると言えます。
より一層のコスト削減も求められており、Youtubeはその両方に合致するものだと思います。
便利なプラットフォームがあるのだから、ぜひ活用してほしいものですね。

また、日本の政策としても「Bフレッツ」などの高速インフラを早く全国に整備することが求められるといえるでしょう。


(J-CASTニュースより)
地方自治体 観光PRに 「ユーチューブ」活用広がる


自民党や社民党などが動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」での広報活動を始めて注目を浴びるなか、地方自治体もPR活動に活用する例が増えている。きっかけは「コスト削減が見込めると思った」という真面目なものから、「パソコン好きな職員が動画配信をやってみたかったから」との「内幕」を披露する自治体まで、さまざまだ。また、大がかりな配信システムを組むお金がない、という事情も反映しているようだ。

■利用の理由は「システム構築費用がいらない」

 J-CASTニュースが調べた限りでは、かなり早い段階でユーチューブでの動画配信に踏み切ったのが福島県会津若松市だ。同市では2007年1月末、昭和 30(1955)年代から昭和50 (1975) 年代に撮影された広報用の16ミリフィルムをデジタル化して公開。加えて、月1回程度、市長の記者会見映像も公開している。

 現在55の動画が公開されているが、再生数が数十から数百にとどまっているものも多い。そんな中でも、比較的人気で数千のアクセスを集めているのが、1965年に同市の観光名所「鶴ヶ城」が再建された際の様子を記録した一連の動画だ。

 市の秘書広報課では「昔をご存知の方には『懐かしい』と思っていただけているようですし、若年層には鶴ヶ城が(再建されたのではなく)昔の姿のままだと思っている人も多いので、『新たな発見』になっているようです」
と分析している。もっとも、サービスが始まったきっかけはと言うと、

  「実際のところ、担当の職員がパソコン好きで、『動画配信をやってみたい』という意欲があった、ということなんです。役所的な言い方をすれば、『市民の皆さんに幅広く情報公開を進める』ということになるのだと思いますが…」

と、職員の発案で始まった、というのが実際のところのようだ。
(後略)
posted by カミガタ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 動画サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

英国王室がYouTubeを有効活用。「The Royal Channel」を開設

エリザベス女王が女王になってから、もう50年以上が過ぎるのですね。

便利なメディアが出てきたら、それを有効活用する動きは必ず出てくる。
自分らの権益が侵されるから、と排除に走るのではなく、便利なものは受け入れられるのだから、活用する事を考えなければならないと私は思います。


(Mycomジャーナルより)
英国王室がYouTubeに「The Royal Channel」を開設

英国王室はこのほど、動画共有サイトYouTubeにて「The Royal Channel」として公式チャンネルを開設。恒例のエリザベス女王クリスマスメッセージを同チャンネル上も配信された。

The Royal Channelは、英国王室の公式YouTubeチャンネルとして展開。ローンチ時、1957年にエリザベス女王が行った初のTV放送用クリスマスメッセージを、50周年記念としてチャンネルのメイン画面で配信した。このほか、エリザベス女王を初めとした王室一家や王室のイベントに関する動画を掲載している。

現在、エリザベス女王の母親であるLady Elizabeth Bowes Lyonの結婚式(1923年)などのアーカイブが並んでおり、今後は古い画像と新しい動画の両方を定期的に増やしていくという。アーカイブは British Film Institute(BFI)が提供する。

王室は12月25日、毎年行っている女王によるクリスマスメッセージをTV放送とほぼリアルタイムでYouTubeチャンネルでも配信している。
posted by カミガタ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 動画サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

動画サイトで「ニコニコ動画」利用時間、利用回数とも他を圧倒

2時間50分ですか。
いかにニコニコ動画が一度見るとはまってしまう、コアなサイトと言えます。
ネットサイトは、いかにマスに訴えかけるより、コアなファンをつかむか、それが重要といえるでしょう

(ITMediaより)
「ニコ動」利用時間、「2ちゃんねる」の3倍以上


ネットレイティングスが12月14日に発表した、10月の家庭からの動画サイト利用に関する調査によると、ニコニコ動画の1人当たりの平均利用時間は2時間50分と動画サイト中で最長で、2ちゃんねるの平均利用時間(56分4秒)の3倍を超えていた。1人当たりの月間利用回数も2ちゃんねるより多かった。

 世界の動画サイトについて、国内ユーザー1人当たりの月間利用時間や利用回数、月間ユニークユーザー(UU)数などを調べた結果、利用時間が最も長かったのはニコニコ動画(2時間50分10秒)で、2位のYouTube(1時間6分53秒)の3倍近い。3位は韓国のPandora.TV(29分33秒)。

 1人当たりの利用回数が最も多いのもニコニコ動画で8.09回だった。2位はYouTube(5.43回)、3位は米国のveoh(3.55回)。

 「2ちゃんねる」のUUは888万5000、利用時間は56分4秒、利用回数は6.27回といい、ニコニコ動画は利用時間と利用回数で2ちゃんねるを超えている。「ニコニコ動画は、コメント機能や“職人”による高品質な動画などがかもし出す臨場感がユーザーを引き付けているのだろう」(同社)

 UUが最も多いのはYouTubeで1455万1000、2位はニコニコ動画で386万だった。3位はフランスのDailymotion(132万8000)、4位はAmeba Vision(107万9000)。YouTubeやDailymotionのほかにも、トップ10にはveoh(6位)、Pandora.TV(8位)、米国のLiveVideo(10位)など海外サイトがランクインした。

 同社は海外の動画サイトについて「世界各国の“逸品動画”から日本のアニメ・TV番組まで、動画が比較的豊富なことが魅力なのでは」と分析している。

 トップ10以外の動画サイトでは、「字幕.in」のUUが11万9000、利用時間は1分18秒、利用回数は1.14回だった。
posted by カミガタ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 動画サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ソニー動画共有サービスを「eyeVio」でスタート

最終的には、ソニーのハードを売りたいのでしょうが、果たしてうまくいくか、それはそうと、このサイト自体は人気が出そうです。デザインもYoutubeに比べアカ抜けてますし、個人的には利用しようか、と思っています


(ITMediaより抜粋)
ソニー、動画共有サービスに参入 「eyeVio」スタート


ソニーは大手電機メーカーとしては初めて、ネットを活用した動画共有サービスに本格参入する。4月27日午前10時に新サイト「eyeVio」をオープン。動画を介したコミュニケーション機能に力を入れたほか、携帯プレーヤーなどのハードウェアとの連携も特徴。「ウォークマン」や「PSP」といったソニー製品のほか、iPodにも動画をダウンロードできるなど、他社製ハードやサービスにも柔軟に対応していく方針だ。

 eyeVio (アイビオ)は、ユーザーが撮影した動画をネットで投稿し、不特定の他のユーザー向けに公開したり、友人などに限定して共有できる無料サービス。サイト上での再生はFlash(flv形式)で行い、投稿動画はMPEGやWMV、3GPなどに対応する(1ファイル150Mバイトまで)。視聴は「チャンネル」単位で行え、1つの動画が終わったら別の動画の再生が次々に始まる。いわゆる“ダラ見”も可能だ。

 映像の公開範囲を知人などに限定できる「プライベートシェアリング」機能を設けたほか、So-net blogなどにeyeVioから直接投稿する機能などを備えた。ユーザーがプレイリストを作成してチャンネル化し、これを別のユーザーと共有するといったこともできる。

 携帯電話からの視聴・投稿が可能で、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3G端末に対応する。また気軽に動画を公開できるよう、無料のムービー作成ソフト「x-Pict Story for アイビオ」を公開。DVDレコーダー「スゴ録」などに搭載されている機能をPC用ソフトにしたもので、ユーザーが用意した静止画に内蔵BGMを組み合わせて動画を作成してくれる。

 投稿動画は24時間態勢でチェックし、他人の著作権を侵害するなど、違法な内容の場合は削除したり、投稿者にメールで警告する。投稿した動画には「クリエイティブ・コモンズ」ライセンスを設定でき、営利目的の2次利用許可や、ダウンロード公開なども選べる。
posted by カミガタ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。