2016年04月30日

ニコ動プレミアムアカウントがなくても、ネットカフェで会員並サービス受けられるように

ニコニコ動画好きには、ネットカフェを訪れる回数が増えるきっかけになりそうですね。
気になるのはネットカフェ側の回線容量ですが、これを集客力アップできますよ、とアピールして売り込むんでしょうね

ニコ動の無料会員がプレミアム会員並みのサービスを受けられる「ニコニコ@ネットカフェ」

一般社団法人日本総合カフェ協会(JCCA)は、株式会社ドワンゴと提携し、ネットカフェ向けのサービス「ニコニコ@ネットカフェ」のオープンベータ版テストを4月27日より開始すると発表した。全国630店舗のJCCA加盟店が対象。正式サービス開始は6月1日を予定している。

 ニコニコ@ネットカフェは、対象店舗内のPC端末にあらかじめインストールされたアプリへログインすると、プレミアム会員並みのサービスを受けられるもの。利用にはniconicoの一般会員ID(無料)が必要。

 動画の高速読み込み、低画質回避のほか、追い出しなしのニコ生優先視聴やニコ生事後予約が可能になる。
posted by カミガタ at 18:02 | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

クラウドの「無制限」時代の終わり? に「Googleフォト」 の機能と工夫は見習うべき

クラウドサービスの「無制限」はいつまで続くかわかりません。最近話題になったMicrosoftの「OneDrive」など、無制限を打ち出していてもすぐに撤回! せっかくデータを保存して活用してたのに、というケースは少なくありません。

この記事で紹介されている「Googleフォト」 も同様の危険性があるといえますが、Googleが巧みなのがこの「Googleフォト」は、写真や動画限定用で、しかも静止画なら1600万画素、動画ならフルHDまでの解像度制限(つまりGoogleにとっては転送帯域制限と同意になる)を掛けていること。高画素や4K解像度の動画を使っているなら別ですが、1600万画素やフルHDはそれほど遜色がある画質とはいえません。共有して他の人に見せるには十分。
いわばユーザーにとっても実用的。ここがビッグデータを巧みに管理しているGoogleの凄い所ではないでしょうか。

思えば、無制限を売りにしていた他のクラウドサービスも、一定量以上だとアップロード帯域が落ちるといった、転送量制限かけとければ、サーバやクラドが使用する回線の負担が減って無制限サービスが現実的だったのに、と思わずを得ません

容量無制限で一生無料でバックアップできる!?「Googleフォト」

容量無制限のクラウド型の写真・動画管理サービス
 「Googleフォト」は、Googleアカウントがあれば誰でも無料で利用できるクラウド型の写真・動画管理サービスです。スマートフォン(iOS/Android)のアプリや、パソコンのウェブブラウザーや専用アップローダーから利用できます。

 もともとは、SNS「Google+」のサービスとして提供されていましたが、2015年5月に「Googleフォト」としてGoogle+からは切り離されました。その結果、Google+を使っていないユーザーでも、Googleアカウントのログインだけで利用でき、広く外部に共有することも可能になりました。

 最大の特長は、写真や動画を無料で無制限にアップロードできる点です。ただし、画質については品質を保ちながらファイルサイズが削減(圧縮)されます。

 スマートフォンのアプリなら撮影した写真や動画を、パソコン専用のアップローダーなら、ハードディスク内の写真や動画、カメラ、SDカード内の写真を自動的に取り込んでバックアップ、同期することができます。もしものときに備えられるだけでなく、モバイルデバイスとカメラ、パソコンなど、保存先がバラバラだったものを、容量を気にすることなく1カ所にまとめて管理できるようになる、というメリットがあります。

パソコンのウェブブラウザーからアクセスした「Googleフォト」。カメラの写真もスマートフォンで加工した写真もすべて集まっています

 同期とはいってもローカルストレージは必須ではなく、ローカルの写真を削除したらクラウド側も消えるということはないため、パソコンやスマートフォンの保存容量が心もとなくなってきた場合でも安心です。

 サイズオーバーしている写真や動画はアップロードできないのかというとそうではありません。写真なら1600万画素に、動画なら1080pまで自動的に縮小されたうえでアップロードされます。これはスマートフォンもパソコンも同じです。このとき、サイズは減っても見た目の品質は保たれるとのことで、Googleによれば、写真なら最大で約61.0cm×40.6cmで印刷することも可能だそうです。

アップロードサイズの設定はアップロードする環境ごとに確認しておきましょう
 設定を変更すれば、オリジナルサイズのままのアップロードを選択することもできます。ただし、その場合は容量としてカウントされるため、無料で提供されている15GBのオンラインストレージを消費することになります。これまでAndroid端末を利用されていた方は、なんらかのタイミングで写真のバックアップに関するメッセージを見たことがあるかもしれません。何が起きているのかよく分からず、オリジナルサイズを選択していたという方は、特にこだわりがなければ「高画質」に変更しておきましょう。

 現在自分がどれくらいのストレージを消費しているかは、Googleのドライブストレージに関するページ(https://www.google.com/settings/storage)で確認できますので、心配な方は念のため確認してみましょう。万が一、オリジナルサイズでアップロードしたことにより、容量が減っていた場合は、ウェブページから「容量を解放」を選択することで圧縮することができます(時間はかかります)。
うっかりオリジナルサイズでアップロードしても、あとから圧縮して容量を解放できます

容量を解放したところ、Googleフォトでの利用量はゼロに!
写真そのものはしっかり存在しています

アップロードされた写真や動画は、サポートされているデバイスならどこからでも閲覧、編集が可能です。Googleフォトは人、場所、出来事などで自動的にグルーピングする機能に優れており、人物名などをタグ付けすることもできます。そのため、大量の写真があっても、見たい写真やアルバムを簡単に絞り込むことができるといいます。

簡単で使いやすい写真編集機能も
 Googleフォトの主な機能は「バックアップと同期」ですが、共有機能のほか、編集機能や、5枚の連続写真からアニメーションGIFを自動生成したり、3枚以上の写真から1枚のパノラマ写真の合成、関連する動画と写真をつなげてBGM付きのムービーを作成することもできるなど、コンテンツの作成機能も備えてます

 特に知っていると便利なのは写真の編集機能です。編集したい写真を1枚選択し、ペンのアイコンをタップすると、「明るい」「色」「ポップ」「周辺光量」の4項目の調整が可能になります。「自動」をクリックしてからの微調整もできます。14種類のフィルターも用意されており、ワンクリックで適用でき、適用量もスライダーで調整できます。回転、トリミング機能も備わっています。パソコンのウェブブラウザーからの利用では、「比べる」をクリックすると、押しているときはオリジナル、離すと補正後の写真が表示されるので、比較しながら調整できます。

編集後は、オリジナルの上書きかコピーの保存のいずれかを選べます。うっかりそのまま保存しても、メニューから「元に戻す」を選択すれば補正を取り消せます。心配なときは、メニューから「コピーを保存」を選択するといいかもしれません。

 これらの機能は、スマートフォン用のアプリも、パソコンのウェブブラウザーもほぼ同じ。シンプルですが、写真がキレイに見えるツボを押さえていますし、傾き補正やトリミングもできるので、SNSにアップする写真を補正したいというときは十分対応できるでしょう。

バックアップ環境に注意しながら有効活用しよう
 自動バックアップというと、iPhoneならiCloud、Dropboxのカメラアップロードなどがあります。iCloudは、残念ながらAndroid端末では利用できません。Dropboxには、さまざまなデバイスの写真や動画をCamera Uploadというフォルダに集約する機能がありますが、縮小機能はなく、また無料の保存容量も有限です。そのため、Googleフォトのバックアップ機能は、縮小されるという条件付きとはいえ、さまざまなデバイスやカメラを持ち替えて使いたい人には、非常にメリットがあるといえそうです。

 スマートフォンの保存容量が足りなくなっても、どうしても消せなかった写真があるという方は、Googleフォトにバックアップしておくというのもいいでしょう。パソコンやスマートフォンの中に保存されていた写真がすべて集まるわけですから、すっかり忘れていた過去や、とても懐かしいカットを発見することも。Googleフォトは、想い出整理にも使えそうです。

 ただし、気を付けなくてはならないこともあります。Googleフォトは無料でも、データ転送時のパケットは消費します。特にスマートフォンは、モバイルデータ通信環境下で行うと一度に大量のパケットを消費してしまう可能性があるため、設定をよく確認しておきましょう。通常は、Wi-Fi環境下でのみバックアップを行う設定になると思いますが、モバイルルーターを経由したり、他の端末でテザリングを行っているときなどは、いったんバックアップと同期を停止することをおすすめします。普段はオフで、帰宅後寝ている間にバックアップというのもいいかもしれません。
(Internet Watchより)
posted by カミガタ at 19:24 | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

近畿大学が2013年新入生用Facebookグループを開設。1000人を越える

Facebookを活かした新しい人脈作りの形を見せてくれます。
大学はいろんな所から人が集まってくるわけですから、特定のサークルに入ったり、授業を通じてしか人脈を作ることは難しいもの。就職活動で情報交換などで活きてくる場合も考えられるので、入学後も卒業後もずっと続いていくことでしょう。


大学がFacebookで友達づくりを支援 近畿大の新入生専用グループに1000人超
大学がFacebookで友達づくりを支援──近畿大学(大阪府東大阪市)が新入生向けに開設したFacebookグループの登録者が4月8日の時点で1000人を超えたという。入学前にFacebookで友達になった新入生が入学式当日にリアルにつながる、といった例もあったという。

 Facebookグループは「2013近畿大学入学生」。大学が管理する非公開グループとして2月1日に開設した。

 同大が昨年度の新入生を対象に実施した調査では、「友人ができるかどうか不安」という回答が7割以上に上ったという。Facebookグループは「新入生の不安を少しでも解消できるように」と開設。新入生向けにちらしを配布するなどして登録を呼び掛けた。

 グループでは、同じ学科に入学する人、同じ地方出身者、同じ趣味を持つ人などで活発なやりとりが行われ、学科やコース単位でLINEのグループが立ち上がるなど、「新入生が自主的にSNSを駆使して友達の輪を広げており、大学も想定していなかったつながりが構築されている」という。

 4月2〜6日に行われた入学式には合計8067人の新入生が出席。オンラインですでに友達になっているグループもあり、「例年以上の盛り上がり」になったという。東大阪キャンパスでは、Facebookの友人と入学式当日に直接つながれるよう、コミュニケーションスペース「Facebook広場」を設けて「現実社会でもスムーズに友達づくりができるような支援」をした。

 同グループは今後も運営。就職活動など在学中の情報交換に加え、卒業後も同期生とつながりを持てる場として活用していく。
(ITMediaより)
posted by カミガタ at 02:18 | TrackBack(1) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

楽天の12年12月期、売上高、営業利益、経常利益がそれぞれ過去最高を更新

楽天着実に業績を上げていってますね。
エンドユーザーに近く生活必需品を扱うマーケットは強いかな。

楽天、売上高・営業利益が過去最高に
楽天が2月14日に発表した2012年12月期連結決算は、売上高が前年同期比16.7%増の4435億円、営業利益が2.1%増の723億円、経常利益が4.8%増の715億円とそれぞれ過去最高を更新した。

 純利益は海外で買収したサイト関連で特別損失を計上したものの、黒字転換して194億円(前期は22億円の赤字)。今期の見通しは開示していない。

 「楽天市場」事業では、セールイベント「楽天スーパーSALE」などが奏功。国内でEC利用が広がる中、購入者数や注文件数が増加した。トラベルサービスやクレジットカード事業、ローン事業も好調だった。

 同社によると、12年の国内オンライン小売り市場でのシェアは、同社が28.8%を占め、Amazon(12.4%)、ヤフー(6.2%)を引き離しているという。

 昨年買収したカナダKoboの売上高や利益額は開示していないが、12年10〜12月期の売上高は前年同期比43.2%増としており、堅調な成長をアピールしている。
(ITMediaより)
posted by カミガタ at 09:59 | TrackBack(1) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

大阪市営地下鉄の一部の駅で公衆無線LANとWiMAXが利用可能に。エリアも順次拡大

京都に続いて大阪でも公共交通機関の駅で公衆無線LANが利用できるようになっていきますね。
これは嬉しいです。
京都の項目でも触れましたが、特定の携帯キャリアやブロードバンドユーザーに関係なく、オープンに利用できるようになってほしいものです。


大阪市営地下鉄駅でWiMAXおよび公衆無線LAN整備、2013年度には全路線で

大阪市営地下鉄の駅構内において、WiMAXおよび公衆無線LANのサービスエリア拡大が実施される。UQコミュニケーションズ株式会社、KDDI株式会社、株式会社ケイ・オプティコム、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの4社共同によるもので、7月17日には「au Wi-Fi SPOT」「eoモバイル Wi-Fiスポット」「Wi2 300」が一部の駅で利用できるようになる。

 サービスエリア拡大は順次行われる予定で、7月17日にはまず南港ポートタウン線のトレードセンター前など8駅、中央線の大阪港駅および朝潮橋駅、御堂筋線の江坂駅で公衆無線LANの利用が可能になる。7月31日には御堂筋線の東三国駅および西中島南方駅も追加される。なお、これらの駅はすべて地上駅のため、WiMAXはすでに利用できる。

 8月27日には、本町駅(四つ橋線・中央線)で公衆無線LANとWiMAXのエリア拡大が同時に実施される。このほか、御堂筋線、四つ橋線、千日前線の一部(合計27駅)でのエリア拡大については2013年3月下旬となる予定。

 サービスエリア整備を実施する4社は「2013年度中に全路線にて公衆無線LANサービスおよびWiMAXサービスがご利用いただけるよう、エリア拡大に努める」としている。
(Internet Watchより)
posted by カミガタ at 10:44 | TrackBack(2) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

第2日本テレビが黒字にできたワケ

実際に「第2日テレ」のサイトを見て見ましたが、特に動画として「見たい!」というコンテンツはありませんでした(テレビをほとんどみないからかなぁ…)。

正直ニコニコ動画やYoutubeのほうが動画サイトとしては圧倒的に楽しいわけで。

では、なぜ「第2日テレ」が単月黒字化できたか、というわけですが、それは「身の丈にあった慎重な運営」をしてきたからではないでしょうか。

ユーザー側で投稿するニコニコ動画やYoutubeだと、急激に動画の数が増え、管理サーバの容量があっという間に増えてしまいます。
また通信量もバカになりません。

よって、コストが多大なものになってしまう。

「ニコニコ動画」が黒字化できないのは、この急激なコストの増加に収益モデルが追いついてないからなのでしょう。
悪く言うと、無計画・無鉄砲すぎる。

一方「第2日テレ」の場合、コンテンツの数は限られます。
しかもスポンサーのニーズに合ったコンテンツしか載せない。
よってコストを抑えられ、スポンサー料も入ってくる。
このようにきっちり、収益モデルが出来上がってるわけです。

今「ニコニコ動画」でこれをやるには、余りにもサイトが巨大化していて遅すぎる。
別の収益モデルもなかなか実を結ばないでしょうし。

「ニコニコ動画」の黒字化は相当難しいと言わざるを得ません。


  

(ITMediaより)
無料動画配信「第2日テレ」が単月黒字化


日本テレビ放送網はこのほど、無料動画配信サイト「第2日本テレビ」が1月に単月黒字を達成したと発表した。テレビと連動した動画配信や、完全無料化によるコスト削減が奏功した。

 スポンサーのニーズに合ったコンテンツを制作し、テレビとネット両方で放送・配信する仕組みが好評で、「企画・制作力を持たないほかの無料ネット動画配信サービスと差別化できた」としている。

 第2日テレは2005年10月に有料動画配信サービスとしてスタート。昨年10月からは完全無料モデルに移行し、ユーザー登録制も撤廃した。「無料化でシステムコストを削減でき、有料配信サービスと差別化できた」ことも黒字化の要因という。
posted by カミガタ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

googleの急上昇検索ワードでリアルタイムの世の中の動きが分かる!

20分以内のリアルタイムの話題が分かる、というのはまさに「ニュース」だと思います。

もっともこのような流行のキーワードを紹介するポータルはいろいろ出ているようですが、Googleのような大手検索サイトがコレをやったということがポイントです。検索数が多いだけに、より意味がありますからね。

これを開発した人が新卒で入社して1年で、プロダクトマネージャーになっている人というのがまたいいですね。

若い力が中心となって、企業を動かしていくというのも、インターネット企業らしくていいと思います。

さっそくこちらのブログが、急上昇ワードのブログパーツを作られました



(ITmedia Biz.IDより)

“急上昇”した検索ワード、グーグルが世界初公開

グーグルは、直近20分以内に検索数が増えた検索キーワードを一覧表示するiGoogle用ガジェット「Google 急上昇ワード」の無償提供を開始した。GoogleモバイルやiGoogleで利用できる。

 Google 急上昇ワードは、国内検索キーワードの中から検索数の増加率が高いものを一覧表示する。更新頻度は20分以内。一度に一覧できるキーワードの数は初期状態で10件で、設定によっては3件、5件、15件、20件の表示も可能だ。

 ちなみに19時55分現在の急上昇ワードには、「デュプレシス」「園山」「せんとくん」「すたみな太郎」「鈴木千尋」「クリスタルズ」「クリスタルチルドレン」「塩野直樹」「樋口宗孝」「勝手にお名前評価」などだった。

 グーグルによれば、「このサービスで表示される検索キーワードはGoogleの膨大な検索キーワードを元にしているため、その瞬間の関心事を反映していると言える。今、何が話題になっていて、何が流行っているのか、また世の中の人々が何を知りたがっているのか、を瞬時に垣間見ることができる」という。

 なお、今回のGoogle 急上昇ワードは、2007年に新卒入社した倉岡寛プロダクトマネージャーを中心に企画・開発した。「携帯でインターネットをご利用になることが多い日本のユーザーが楽しめる検索サービスを提供したいという思い」で開発に臨んだという。
posted by カミガタ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

ニコニコ動画、「初音ミク」に歌わせたJASRAC管理楽曲の投稿が合法に

この料率・条件だと妥当でしょう。
ユーザーは後ろめたさがなく、安心してJASRAC管理の楽曲を初音ミクなど「Vocaloid」を使って歌わせて投稿できます。


気になるのが「ニコニコ動画の売り上げの1.875%をJASRACに収めるということです」。
「全体の売り上げの中から一律」とも読め、誰の曲がどのくらい投稿されたか、再生されたかで払う契約にはなってないです。
ということは、アーティストごとの著作権料の分配は不可能で、お金はJASRACで止まってしまうのではないか、と。
分配の仕組みを正しく作らない限り、肝心のアーティストにはなんらメリットのない結果となってしまいそうです。

JASRACの場合、集めたお金がちゃんと実際の権利者(作詞・作曲者や歌唱者など)にお金がいってないのではないか、という指摘もあるようですし。

また、著作権管理団体でJASRACのシェアが上がることが心配です。
なんでも独占は良くない。

ビリー・ジョエルの曲をハーモニカで演奏していたバーのマスターが逮捕!? JASRAC問題の真相を追及する一冊


(ITMediaより)
ニコニコ動画、JASRAC曲の演奏動画が投稿可能に

ニワンゴは4月1日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理楽曲を、「ニコニコ動画」専用の動画投稿サービス「SMILE VIDEO」で利用するための包括契約を結んだと発表した。

 JASRACが示した許諾条件に同意し、正式に契約を締結した。ニワンゴは、ニコニコ動画の収入の1.875%をJASRACに支払う。

 ユーザーは、JASRAC管理楽曲を自分で演奏したり歌った動画を、合法的に投稿できる。CD音源やプロモーションビデオなどをそのままアップロードする行為は、従来通り認められない(別途、著作隣接権者の許諾が必要)。

 JASRACは昨年7月、動画共有サイトでの楽曲利用許諾条件を提示。サイト収入の2.0%を支う、という基準を軸にニワンゴと協議していたが、この基準よりは低い料率で決着した。

 動画投稿サイトでの楽曲利用については、YouTubeもJASRACと交渉中。YouTubeは、Mr.Childrenやスピッツなどの楽曲を管理するジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と、楽曲を利用するための包括契約を結んでいる。
posted by カミガタ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(2) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

Googleのアルゴリズム変更で多くのブログでPageRank急落が

この動きが原因かどうかは分かりませんが、私のサイトでもPage Rankが1ずつ落ちていました。
アルゴリズムは、SEO技術の変化・進化に合わせて変わるもの。
アクセス向上・SEOを狙うためにはgoogleは欠かせないだけに、各サイトは対応が必要でしょうね。

(ITMediaより)
GoogleのPageRank急落でブロガー騒然


先週、多数の有名サイトの評価スコアが急落したことを受け、GoogleがPageRankアルゴリズムを調整したのではないかとブロガーの間で騒ぎになった。

 GoogleはPageRank(PR)を調整したことを認めていない。PRはGoogle Toolbarに表示されるスコアで、Webページに張られたリンクの数に基づいて、そのページと特定の検索クエリーとの関連度を評価するGoogleのシステム。

 検索関連情報サイトの1つSearch Engine Landがこれに気づき、10月24日にForbes.com、WashintonPost.com、SFGate.com、SunTimes.com、 Engadget.comのスコアがPR7からPR5に下がったことを指摘した。

 PRスコアはWebページの検索結果順位を決める要因であり、世界中の広告主につながるAdSenseネットワークの参加サイトに幾らの広告料を支払うかを決める要因でもある。スコアが低くなれば広告料金に影響し、GoogleがこれらWebサイトの運営者に分配する金額も変わる。

 これは多くのWebサイトオーナーにとって重要なものであり、中には、金を払って外部からリンクしてもらうことでこのシステムを出し抜こうとしている者もいるかもしれないとForrester Researchのアナリスト、シャーリーン・リィ氏は言う。

 「わたしはある養豚場のサイトにリンクを張るかもしれない。養豚場と何も関係なくても、報酬をくれるからという理由でそうする」とリィ氏は、トラフィックを集めようとするとするサイト運営者のこの上ない好例を挙げて語った。

 Googleには、このシステムを利用して関連度を高めようとするWebサイトオーナーを除外するための技術を作る権利があると同氏は付け加えた。

 ブロガーは、ブログネットワークの中で大量に相互リンクを張る有料リンクやその他の手法が、今回のPR下落の原因ではないかと考えているが、何がGoogleのWebマスターガイドラインに抵触するのかは誰もはっきりとは知らない。

 Googleは先週PRアルゴリズムを変更したことは認めていないが、同社広報担当者のコメントは、その可能性がないわけではないことを示唆している。

 「Google Toolbarに表示されるスコアはいろいろな理由で変動する可能性がある。当社がWebをクロールし、インデックス化する方法の変更や、Webサイト自体のリンク構造の変化などもそうした理由の一部だ」と広報担当者はeWEEKに語った。
(後略)
posted by カミガタ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

レアル・マドリーが『YouTube』活用へ

インターネット上のサービスやP2Pについて、何から何まで敵視するのではなく、こういうように有効に活用していって欲しい、と私は思います
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(ISMより)
現地時間21日、レアル・マドリー(スペイン)がアメリカ企業の運営する動画配信サイト『YouTube』において、自クラブのチャンネルを保有する見込みとなった。クラブ側の発表によれば、同チャンネルでは毎日更新されるクラブのニュースが配信されるとのこと。ロイター通信が報じた。

 なお、『YouTube』を活用しているクラブでは、イングランドの名門などが知られている。
posted by カミガタ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車会社のマツダが「Twitter」を活用

企業での「Twitter」活用例です。
自動車会社でも大きな所だと二の足を踏んだり、提携して大きく宣伝する所なんでしょうが、マツダだからできたといえるでしょうね。

(IT Mediaより)
 「Twitterを知ってから、24時間以内に活用を始めました。無料だし、簡単ですから」

 マツダが、Twitterをキャンペーンに活用している。「MazdaRotary」のアカウント上で、40周年を迎えたロータリーエンジンについてのファンからのコメントを、1日5本程度更新中だ。Twitterのビジネス利用は一部で始まっているが、日本の大手企業がマーケティングに利用するのは珍しい。

 「『Twitterを使ってマーケティングを』と真剣に考えたというよりは、こういうのがあるからやってみようという軽いノリでした」と、同社の樋笠順子さん(広報渉外本部グローバル広報企画部企画・経営グループアシスタント・マネージャー)は言う。
画像 ブログパーツ

 キャンペーンでは、40周年記念日までをカウントダウンできるブログパーツを配布。ブログパーツの“おまけ”機能として、ファンがロータリーエンジンについての思い出などを、25文字までのテキストで書き込んで他ユーザーと共有できるブログパーツを配布した。Twitterに投稿しているのは、このファンからのコメントだ。

 「初めて買った車がロータリーエンジンでした。愛してます」「ロータリーがなかったら、こんなに広島(マツダ本社の所在地)を好きでなかったと思う」――ブログパーツにこれまでに寄せられたコメントは500以上。予想外に多く集まり、その1つ1つが「涙が出るほど熱かった」(樋笠さん)

 ブログパーツ上では、集まったコメントを1件ずつ表示。クリックすれば次のコメントを見られるが、500以上のコメントを全部見るには500回以上クリックを続けなくてはならない。せっかく集まったたくさんのコメントをもっと見やすく表示したい――そう思っていたところに、スタッフから紹介されたのがTwitterだった。

 「正直言って、Twitterの面白さは当初は分からなかったのですが、いろいろな使い方があるなと気付きました」。Twitterは、自分がしていることをリアルタイムで更新するのが基本的な使い方だが、これまでストックしたコメントを一覧表示するのに使ってもいいのでは――と思いついた。

 「投稿されたコメントをブログで表示するという手もありますが、冗長になってしまいそう。Twitterならタイトル不要で、短いコメントをそのまま並べることができます。利用も無料で簡単ですから、社内向けに書類を書いたりはんこをもらったりする必要もなく、Twitterを知ってから24時間以内に使い始めました」
画像 「Twitterで取材を受けることになるとは想像もしていなかった」と樋笠さん

 ただTwitterは、一般ユーザーが楽しんでいる場。企業の参入は快く思われない可能性もあると考え、運用には気を配った。「当社からの宣伝メッセージではなく、ユーザーさんの書き込みを表示するので、大きな拒否反応はないかと考えました。1度に大量のコメントを載せると、フレンドになってくれている人のところに大量に載ってしまってスパムみたいになるから、1〜2時間あけて1件ずつ投稿し、1日5件までに限定しています」

 MatsudaRotaryのフレンドは現在70人。「ほとんど宣伝していないのにたくさんのフレンドが集まって驚いた」という。Twitterをマーケティングに活用したという意識はなく、「やってみたら予想外に反応がよかった」のが真相だ。

 現在、ブログパーツ経由で集まっているコメントは9割が日本語、1割が英語だ。今後は、海外で行うイベントなどでもブログパーツを紹介し、英語のコメントもさらに多く集まるように仕掛けていきたいという。
posted by カミガタ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

「Yahoo!ミュージック」サイト内で「iTunes Store」の曲が買える!

Yahooのサイトから「iTunes Store」の曲が買えるという事ですか。
これは消費者にとっては本当に嬉しい話です。
最近Appleもコラボレーションという言葉を覚えてきたのかもしれません。

(Impress Watchより)
iTunes StoreがYahoo!の推奨サービスに。moraと並行でサービス展開

Yahoo! JAPANの音楽ポータル「Yahoo!ミュージック」は、音楽配信サービス「iTunes Store」と連携した「Yahoo!ミュージックダウンロード on iTunes」を6月14日に開始した。Yahoo!ミュージックからiTunes楽曲の購入が可能になる。

 これまでYahoo!ミュージックではレーベルゲートとの提携により、ATRAC形式の楽曲を配信する音楽配信「Yahoo!ミュージックダウンロード」を展開していた。6月14日からはATRAC形式の楽曲を配信するサービスの名称を「Yahoo!ミュージック ダウンロード on mora」と改称。新たにiTunes Storeに対応した「Yahoo!ミュージックダウンロード on iTunes」を開始し、2つの楽曲形式に対応する。

 Yahoo! JAPANを運営するヤフーでは、「mora以外の音楽配信サービスを利用しているユーザーの利便性を高めるため」と説明。アップルでは「iTunes StoreがYahoo!ミュージックの推奨ミュージックダウンロードストアになった」と説明している。

 今回のiTunes Store対応により、Yahoo!ミュージックの検索結果のうちiTunes Storeで購入できる楽曲はiTunesのアイコンを表示。また、Yahoo!ミュージックダウンロードのログイン時に利用する音楽配信サービスを選択できるようになった。ログイン後は選択した音楽配信サービスの検索結果が表示されるが、ログイン前の標準状態ではiTunesのみが検索結果にアイコン表示される。なお、楽曲の視聴および購入には、iTunesのインストールが必要になる。

 Yahoo!ミュージックのiTunes Store対応に合わせ、AIの新曲「BRAND NEW DAY」の先行配信、Def Techの全曲配信、レミオロメンの「波」の独占配信も開始。レミオロメンの「波」は音楽配信サービスとして初めての提供だという。
posted by カミガタ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

これはひどい判決だ−インターネット上個人ストレージ使用もダメ

高部真規子裁判長は一太郎裁判で、一太郎の「バルーンヘルプ」が松下電器の「特許侵害」に当たるとし、「販売停止」を命じている裁判官です。
高部真規子裁判長は2006/07/11の「ローマの休日」裁判では保護期間は50年で終了していると言う判決を下しています。何から何まで大企業や著作権管理側の味方というわけではない。

この人はおそらく法律の解釈において、デジタル社会の仕組みを知らない。
「不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」という被告の主張に合理性があると思います。Winnyのように不特定多数への送信をしないために、他の人が落とせないセキュリティな仕組みにしているのに、裁判長はそれを見過ごしてる。

こういう人をIT関連の裁判官にしておくと、変な判決がどんどん出てきそうです。

また何から何まで著作権侵害を指摘する「官警」JASRACもおかしい。いちゃもんをつけすぎです。今回の判決でそれが加速しないか心配です。

<音楽保存サービス>ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000119-mai-soci

(毎日新聞より)
インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。
posted by カミガタ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

IP電話に置き換えられない。「ひかり電話」にまたトラブル

ひかり電話は安いし、今までの電話機が使えるとウリにしているようですが、停電するとダメだし、こうトラブル続きで、安くなるといっても月数百円では(通話する相手、内容によって違う)まだまだ信頼できない、っていうのが私の考えです

「ひかり電話」にまたトラブル、東西間の通話が一時不通に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000024-imp-sci

NTT東日本とNTT西日本は23日、IP電話サービス「ひかり電話」の東西接続装置に故障が発生し、ひかり電話による東西間の通話が一時できない状態になったと発表した。故障は23日の午前6時25分に発生し、午前10時6分に回復した。

 NTT東西によれば、ひかり電話のNTT東西間接続装置に故障が発生し、NTT東日本のひかり電話からのNTT西日本のひかり電話・加入電話への通話と、NTT西日本のひかり電話からNTT東日本のひかり電話・加入電話への通話が行なえなくなった。NTT東日本内およびNTT西日本内の通話については、問題は発生していない。

 NTT東西では、東西間接続装置(中継用サーバー)のプログラムソフトの再インストールを実施。午前10時6分から装置が正常に動作を開始し、通話の回復を確認した。原因については現在究明中としており、10時現在で516件の問い合わせを受けているという。
posted by カミガタ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ミクシィ、1,000万人突破!

3年あまりで1000万人を突破したした事になります、ミクシィ。私も入ってますが、コミュニティが充実していて、長くいても飽きないのがヒットの理由でしょう。もっとも最近のミクシィは会員制の特性が薄れてきて、匿名性が強くなり荒れ気味になっている所も見受けられますが。

ミクシィ関連の商品です
  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000019-rbb-sci
ミクシィ、1,000万人突破! そのユーザー属性

ミクシィは、5月20日、登録ユーザー数が1,000万人を超えたことを発表した。

 ミクシィは、2004年2月のサービス開始以来、プレミアム会員制度、アルバム機能、携帯電話対応(mixiモバイル)、mixiミュージック、動画機能、絵文字とサービスも充実させてきた。ユーザー数も着実に伸ばし続け、2007年1月には、mixiモバイルが1日あたり1億PVを突破し、ユーザー数も800万人を超えたことを発表している。

 1月の発表以来、4か月で200万人のユーザーを増やし、2006年7月に500万人突破を発表してから1年以内でのユーザー数を倍増させたことになる。

 今回の発表で笠原氏は、ネットレイティングスの調査データをもとに、『mixi』全体のページビュー(PCからとモバイルからのアクセス合計)は、3月末に月間109億PV(内訳:PCが約69億PV、モバイルが約40億PV)、サイトの月間滞在時間は3時間15分だったとも述べている。
(以下略)
posted by カミガタ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

Amazonがアメリカで著作権フリー、MP3形式で音楽配信開始へ

aacやatrac3、WMAなど同ビットレートでより高音質な音声ファイル形式も出ていますが、やはり今でも圧縮音声といえば一番のメジャーはまだまだMP3でしょう。

Amazonは本や音楽、ビデオのネット販売大手だけに、そういう影響力のあるところがDRMフリーの楽曲販売を始めたというのは大きな事です。
日本での導入は壁が大きすぎますが、この動きを賞賛すると共に、日本でも早くこの壁がなくなる事を祈ります。

 

Amazonが音楽配信事業に進出 DRMなしのMP3配信!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000634-bark-musi

米Amazonが、音楽配信サービスを開始するとアナウンスした。スタート時期は年内。

プレスリリースによると、Amazonが運営するデジタルミュージックストアには、英EMIをはじめとする12000以上のレーベルから数百万曲以上の楽曲が提供されるという。配信ファイル形式はDRM(著作権管理機能)フリーのMP3。パソコン(Windows/Mac)はもちろん、iPodやマイクロソフトのZune、クリエイティブメディアのZenなどなど、利用者の音楽再生機器を選ばない仕様となっている。

AmazonのCEO、Jeff Bezosは、
「MP3配信のみという我々の戦略は、(CDも含めた)Amazonで購入できる音楽は、すべてDRMフリーであり、どんな端末でも再生できることを意味する。」
とコメント。さらに、同社のサービスにEMIが参加することに関しては、以下のように発言している。

「EMIが参加することに関して興奮している。ColdplayやNorah Jones、Joss Stoneといった魅力的なアーティストの楽曲をMP3で利用者に提供できることが楽しみだ」

もちろんこれはアメリカでの話。日本のAmazonが同様のサービスを開始するのかどうかは発表されていない。
posted by カミガタ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。