2016年04月14日

Google Chromeが節目のVer.50公開。WindowsXP/VistaやMac OS X 10.8以下が非対応に

軽量、プラグインの拡張、リッチWebへの対応、Googleサービスとの連携で、Webブラウザ界に確固たる地位を築き上げた「Google Chrome」。ついにバージョンが50に到達しました!

今回のバージョン50は外観上の派手な機能追加はなく、プッシュ機能や、先読み機能の実装強化を中心とした安定化、脆弱性改善などセキュリティの向上、一部の動作速度向上にとどまりますが、着実な進化はWebブラウザをワークスタイルのプラットフォームにして行こうというGoogleの着実な意志の表れであります。

また、キリの良いバージョンということもあり、ついに「お別れ」のサポート打ち切りのOSが多く出てきました。
すでにマイクロソフトのサポートを終了しているWindowsXPはもちろん、これも来年に迫ったVista、Mac OS Xでは10.6〜10.8が非対応になりました。
これも時代の流れなんでしょうね
posted by カミガタ at 18:16 | TrackBack(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

Googleストリートビューで東北の復興の様子を撮影開始

今やストリートビューは都市部を中心にほとんどの幹線道路はもちろん、脇道までサポートし始めてます。
今回の東北のストリートビューは東日本大震災の被害と復興の様子をつぶさに観察でき、意義深いものだと思います。

GoogleストリートビューのAmazonサーチ



復興に向かう街の様子を「ストリートビュー」で記録、グーグルが撮影開始
グーグル株式会社は12日、東日本大震災で津波被害を受けた地域の「ストリートビュー」の撮影を開始したと発表した。今回の撮影範囲は主に岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域。数カ月で撮影を終了し、今秋の公開を目指す。

 従来よりグーグルでは被災地のストリートビューを撮影・公開してきた。最近では、福島第一原発の事故の影響で自由に立ち入ることができない、福島県浪江町の「警戒区域」のストリートビューも撮影・公開している。

 これまでは被災した街や建物の姿を記録するものだったが、今回の撮影は、復興に向かう街の様子を記録することが目的だとしている。
(Internet Watchより)
posted by カミガタ at 15:49 | TrackBack(1) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。