2008年05月30日

ファミコンサウンドが再現できるシーケンサー「Retro Music Editor」

今音楽ソフトは「初音ミク」を中心に歌を歌えるレベルまで進化!
20年以上前はどうだったかというと、いいものでFM音源、ファミコンとなると貧弱な音源しかなかった。しかし音楽作成者はこの制約の中で印象に残るゲーム音楽を作り上げていった…。

その体験ができるフリーソフトが「Retro Music Editor」。
001b.jpg

ダウンロードして試してみました。

ポイントはトラックを選択して右クリック→[プロパティ]で波形やエンベローブ、効果が選べること(ファミコンやMSXでプログラムを作っていた方はご存知でしょう)。
002b.jpg

これで音色を変えたり、ドラムの代わりにできたりとカスタマイズできます。

昔の音源は限られた音数しか使えませんでしたが、このソフトは・トラック数、小節数、同時発音数は、ほぼ無制限で、今のパソコンのパワーを享受できます。

昔のパソコンで音楽を作っていた方も、一風変わった音が欲しいあなたも体験してはいかがでしょうか。

ファミコンサウンドを使ったポップミュージックグループ「YMCK」。
この記事を見たあなたにオススメです
  


posted by カミガタ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。