2008年05月15日

RAMディスクソフトで32ビット版Windowsでも4GB以上のメモリを有効活用!

最近はメモリの価格も安くなり、4GB以上積めるPCも増えてきました。
ただWindowsは32ビット版だと、最新のVistaでも3.5GBまでしかメインメモリを認識できず、残りが無駄になってしまいます。64ビット版だとそうした問題は起きないのですが、まだ対応しているドライバやソフトが少なく、互換性に問題が残るのも事実です。

ところが32ビット版Windowsでも、管理外の部分をRAMディスクとして使用できる方法が発見されました。

RAMディスクは電源を切るとデータが消えてしまいますので、ユーザーが作成したファイルの保存には向いていませんが、画像編集ソフトなどのテンポラリフォルダやワークフォルダ、Webブラウザの一時ファイルなどキャッシュ用途としてはHDDにキャッシュするよりも特性上、効果は激大んものになるのは間違いありません。

その方法が特別レポートとしてImpress Watchに掲載されました。

「Gavotte Ramdisk」というRAM Disk作成ツールを利用し、メインメモリのOS管理外領域にRAM Diskを作るものだそうです。

方法を記事から抜粋して掲載してみましょう。
なお、これらの方法は記事にも書かれている通り、あくまで自己責任となります
調べてみると、環境によってはシステムの復元機能やスタンバイができなくなる場合もあるそうです。

・作成方法
まず、Windows XPを起動して、Cドライブのルートディレクトリにある「boot.ini」ファイルを編集し、ブートエントリにパラメータ「/PAE」を追記し、再起動 (これで、Windows XPの物理アドレス拡張モードが有効となる)。再起動後、Gavotte Ramdiskを入手し、ファイルを解凍。その中にある「ram4g.reg」ファイルをダブルクリックし、レジストリにパラメータを追加。その後「ramdisk.exe」を起動し、右の「InstallRamdisk」ボタンをクリックし、そのまま左下の「OK」ボタンをクリック。
設定メニューには、確保するRAM Diskの容量を指定する項目もあるが、OS管理外領域にRAM Diskを作成する場合には、管理外領域よりも少ない容量を指定しておけば、自動的に管理外領域全体を利用してRAM Diskが確保される。また、管理外領域を超える容量を指定した場合には、足りない容量分だけメインメモリの空き領域から確保されることになる。また、一度設定してしまえば、それ以降はOS起動時に自動的に作成されるようになる。とにかく、あっけにとられるほど簡単に、メインメモリの管理外領域にRAM Diskが作成される。
(中略)
ちなみに、紹介した設定手順は、あくまでも筆者の環境でのもので、他の環境では同じ手順でうまくいかない可能性もある。その後のスレッドの書き込みなどから、BIOSの「Memory Remap Feature」を「Enable」にする必要があったり(筆者のマザーボードにはこの設定項目はない)、boot.iniに何も追記せずとも問題なかったりと、利用環境によって手順は変わってくるようだが、マザーボードが4GB以上のメモリ搭載をサポートしていれば、ほぼ問題はないようだ。また、OSも Windows XPだけでなくWindows Vistaでも大丈夫なようなので、いろいろと試してみてもらいたい。

(なお、Gavotte Ramdiskは公式サイトが見つからないため、webで検索などして見つけてください)

記事内では、「書き込み/読み出しとも1GB/sec超(4KBのランダム時は70MB/secほど)と、HDDなどとは比較にならないほどのスピードが実現されていた」と書かれています。

メモリの使い道に困っている人も多いかと思います。
そんなときには、自己責任になりますが、試してみるのもいいかもしれません。

私自身は4GB以上増設できるマシンを持っていませんが、入手できたら試してみたいと思います。


posted by カミガタ at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。