2008年04月02日

ニコニコ動画、「初音ミク」に歌わせたJASRAC管理楽曲の投稿が合法に

この料率・条件だと妥当でしょう。
ユーザーは後ろめたさがなく、安心してJASRAC管理の楽曲を初音ミクなど「Vocaloid」を使って歌わせて投稿できます。


気になるのが「ニコニコ動画の売り上げの1.875%をJASRACに収めるということです」。
「全体の売り上げの中から一律」とも読め、誰の曲がどのくらい投稿されたか、再生されたかで払う契約にはなってないです。
ということは、アーティストごとの著作権料の分配は不可能で、お金はJASRACで止まってしまうのではないか、と。
分配の仕組みを正しく作らない限り、肝心のアーティストにはなんらメリットのない結果となってしまいそうです。

JASRACの場合、集めたお金がちゃんと実際の権利者(作詞・作曲者や歌唱者など)にお金がいってないのではないか、という指摘もあるようですし。

また、著作権管理団体でJASRACのシェアが上がることが心配です。
なんでも独占は良くない。

ビリー・ジョエルの曲をハーモニカで演奏していたバーのマスターが逮捕!? JASRAC問題の真相を追及する一冊


(ITMediaより)
ニコニコ動画、JASRAC曲の演奏動画が投稿可能に

ニワンゴは4月1日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理楽曲を、「ニコニコ動画」専用の動画投稿サービス「SMILE VIDEO」で利用するための包括契約を結んだと発表した。

 JASRACが示した許諾条件に同意し、正式に契約を締結した。ニワンゴは、ニコニコ動画の収入の1.875%をJASRACに支払う。

 ユーザーは、JASRAC管理楽曲を自分で演奏したり歌った動画を、合法的に投稿できる。CD音源やプロモーションビデオなどをそのままアップロードする行為は、従来通り認められない(別途、著作隣接権者の許諾が必要)。

 JASRACは昨年7月、動画共有サイトでの楽曲利用許諾条件を提示。サイト収入の2.0%を支う、という基準を軸にニワンゴと協議していたが、この基準よりは低い料率で決着した。

 動画投稿サイトでの楽曲利用については、YouTubeもJASRACと交渉中。YouTubeは、Mr.Childrenやスピッツなどの楽曲を管理するジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と、楽曲を利用するための包括契約を結んでいる。


posted by カミガタ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(2) | インターネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

動画サイトで「ニコニコ動画」利用時間、利用回数とも他を圧倒
Excerpt: 2時間50分ですか。 いかにニコニコ動画が一度見るとはまってしまう、コアなサイトと言えます。 ネットサイトは、いかにマスに訴えかけるより、コアなファンをつかむか、それが重要といえるでしょう (ITM..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2008-04-02 06:38

英国王室がYouTubeを有効活用。「The Royal Channel」を開設
Excerpt: エリザベス女王が女王になってから、もう50年以上が過ぎるのですね。 便利なメディアが出てきたら、それを有効活用する動きは必ず出てくる。 自分らの権益が侵されるから、と排除に走るのではなく、便利なもの..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2008-04-02 06:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。