2008年03月22日

揃ってきました。実用的UMPC

最近UMPCの新作がどんどん出るようになっていたので、発売中のものをレビューとともに紹介したいと思います。

  

[ASUS EeePC]
ストレージが4GBというのがかなり弱点ではないかと思います。強化バージョンが近く出るみたいなので(→レビュー

[工人舎 SHシリーズ]

工人舎のSHシリーズには先行して出たAMDのGeode LX搭載モデルとINTELのA110モデルがありますが、パフォーマンスから言えばGeode LXはかなり苦しく、INTELモデルがオススメです。デザインがかなり好きです(→製品情報


[工人舎 SHシリーズ]

AMDモデルは小型化され、SAシリーズとして再登場しました。
79800円という価格が魅力です。
このINTEL ATOM版も出るかな?(→レビュー

  


[富士通 LOOX U50X]

日本の大手メーカーも負けていません。
CPUはINTEL A110。5.6インチに1024×600に小さくても高スペックを詰め込むところは富士通の特徴のようです。(→レビュー)


[ダイアローグ FlyBook V5]

なんとIntel Core 2 Duo U7600搭載。デュアルコアですよ。びっくり。
値段も20万を超えていますが…(→レビュー

[Everex CloudBook]
同じ399ドルPCのEeePCと違って30GB HDDと実用度では勝ります。
VIA C7プロセッサはモバイルに最適で値段も59800円。
個人的には一番オススメの商品です!(→新製品情報

同じコンセプトではGIGABYTE「M704」もいいですね。ツクモで販売しています。
他に最近韓国Wibrain(ウィブレイン)からゲーム機のような親指入力キーボードを搭載したWibrain「B1」も発売(→レビュー)。少し値段が高いのはアレですが、面白い商品だと思います。
これらがC7-M 1.2GHz搭載製品。

選択肢が増えて、2008年はUMPCが当たり前の年になりそうです。
Windows Vistaはそういう意味では邪魔な存在。
今年の6月でWindowsXPの供給も停止するみたいですし、
LinuxでこれらのモバイルPCを実用的、快適に使えるいいものが出てきて欲しいと思います。


posted by カミガタ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | umpc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。