2007年09月13日

「萌え」ボーカルで歌う自作曲を作成できるソフト、異例の大ヒット!

同じITMediaの記事によると、1本当たりの平均200〜300本程度、1000本売れれば大ヒットと言われる音楽制作ソフト市場で予約を含めて3000本近い販売数だそうで、制作者側も「驚き」で見ているそうです。

昔はPC-6001のようにしゃべるコンピュータがあったり、歌を歌う音楽ソフトはすぐできるのではないか、と思っていましたが、ここまで来るのに時間が結構掛かりましたね。

他にない(あっても高い)ボーカル作成機能が加わった音楽ソフトなら売れて当然でしょう。

  


(ITMediaより)
萌えボイスで自作曲を歌ってくれる「初音ミク」


クリプトン・フューチャー・メディアはこのほど、メロディと歌詞を入力すると、その曲を女性の声の合成音で歌う音楽制作ソフト「初音ミク」を発売した。16歳のバーチャルアイドル「初音ミク」が歌うという設定で、声優の藤田咲さんの声を元に作られた合成音で再生する。

 人間の声を元にリアルな歌声の合成音を作ることができるヤマハの技術「VOCALOID 2」を活用したソフト。初音ミクの声は「ポップスやバラードを得意としているほか、アニメソングにも最適。声質はとてもチャーミングで、伸びやかに天まで昇るような高音域と清そで可れんな中高音域がとても魅力的」という。

 メロディの編集は、縦軸に音程、横軸に音の長さを表示するピアノロール型画面で行う。歌詞はひらがな、カタカナ、ローマ字で入力。声にビブラートをかけたり、声質を変える機能を備えたほか、最高で16ボーカルのコーラスやハーモニーを作ることもできる。作成した楽曲はWAV形式で書き出しができる。

 オープン価格で、実売予想価格は1万5750円前後。対応OSは、Windows XP/Vista。

 「キャラクターボイスシリーズ」の第1弾で、今後、バーチャルアイドルのラインナップを増やす予定。同社は「可愛らしいアイドル歌手を、自宅スタジオでプロデュースしているかのような感覚を味わえる」としている。


posted by カミガタ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。