2007年08月03日

トレンドマイクロ、「セキュリティ落語」開催

面白く分かりやすく。落語は物事を伝えるのにはピッタリだと思います。
笑福亭松枝の「漏洩」は、セキュリティの危機は身近にある、個人情報はちょっとの油断で漏れるのだ、という事を周知したのではないかと思います。

(Mycomジャーナルより)
トレンドマイクロは2日、都内で子供向けの無料セミナー「夏休み自由研究体験教室 セキュリティ落語」を開催した。対象は小学生の親子。笑福亭松枝さんを招き、落語や大喜利を楽しみながら、インターネットの安全な使い方を学んだ。
小学生の親子14組が参加した「セキュリティ落語」

同社は2004年より、この「夏休み自由研究体験教室」に取り組んでおり、開催は今年で4回目。夏休みの自由研究のテーマになるよう考えられたイベントで、1年目と2年目は講義が中心だったが、3年目の昨年は紙粘土を使った工作なども取り入れ、子供が興味を引くよう工夫されてきた。

今年は「セキュリティ落語」と題し、落語家の笑福亭松枝さんを起用。"セキュリティ"と"落語"という組み合わせは少々意外に思えるが、同社は「落語の持つ物事を本質的に捉える見方と頓知、そしてユーモアの力により、インターネットの安全について笑いを交えて楽しく学習してもらう」と狙いを説明する。

冒頭、挨拶に立った同社コンシューマビジネス統括本部・沢昭彦本部長は、「インターネットは道路と同じ。便利だが危険なこともたくさんある」と説明。「楽しく安全にインターネットを使うための1つの参考になれば」とセミナーの趣旨を述べるとともに、「皆さんのインターネットライフを安全にしようとしている会社がトレンドマイクロ」とアピールも忘れなかった。

続いて、社員によるレクチャーが行われ、コンピュータウィルスに関する基礎知識が紹介された。対策としては、やはり同社製品「ウイルスバスター」のような総合セキュリティソフトがお勧めとのことで、「検索結果を安心して使うことができる」「怪しいメールを知らせてくれる」「危ないホームページを止めてくれる」「コンピュータウィルスをやっつけてくれる」との説明があった。

そして満場の拍手で迎えられた笑福亭松枝さんは、「ありがとうございます〜。何事もご縁ですので、良かったら一度、私の家にも遊びに来てください」と述べると、住所は大阪府……、電話番号は072……などと大事な個人情報を堂々と"漏洩"。「イタズラで寿司の出前10人分なんて頼まれるかもしれない」と、こういった行為の危険性について指摘した。

その後、落語「てれすこ」を披露したほか、大喜利では「セキュリティ」「盆踊り」「ネット」「落語家」「花火」などをお題として、あいうえお作文やなぞかけなどの言葉遊びを楽しんだ。このあたりは本題であるセキュリティとはほとんど関係ないが、最初は緊張気味だった子供達にも笑顔が目立つようになり、楽しんでいる様子だった。

ちなみに参加者からは、「ウィルスとかけて野球ととく。その心は……感染(観戦)がつきもの」「セキュリティとかけてパンととく。その心は……ソフトが肝心」などの答えが出ていた。あなたも1つ考えてみてはいかが?


posted by カミガタ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子供たちの夏休みの自由研究に。「セキュリティ落語」開催
Excerpt: 落語ですか。いいですねぇ。 漫才や漫談もそうですが、消費者目線でわかりやすく伝える事、これからの企業に重要だと思います。 (Mycomジャーナルより) トレンドマイクロは2日、都内で子供向けの無料セ..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2007-08-03 23:44

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。