2007年06月26日

工人舎からIntelプラットフォームのミニノート登場だが…

バッテリ使用時間が短く、ファン搭載ですか。
どうせ、動画や重いサイトを見るのは苦しいのに、ミニノートとしては中途半端な仕上がりになったと思います。

バッテリの問題は特に痛い感じですね。
Windows XPモデルを出して欲しかった。

画面の解像度アップはSAシリーズ(800×480)と比べてアップなので、これは意味あるかな。値段も安い。

来年にはINTELから、より低消費電力のCPUが出るので、そちらに期待しましょう。

(Impress Watchより)
株式会社工人舎は、1,024×600ドット(WSVGA)表示対応7型ワイド液晶を搭載した超小型ノートPC「KOHJINSHA SH6KB04A」(プレミアムブラック)、「同SK6WB04A」(プラチナホワイト)を6月30日より発売する。OSはWindows Vista Home Basic。
液晶は回転し、折りたたんだ状態でも使用可能

 CPUにIntel A100(600MHz)、チップセットにIntel 945GU Express(ビデオ機能内蔵)を採用し、Intel Ultra Mobile Platform 2007に準拠した小型ノートPC。

 回転式タッチパネル液晶の搭載や耐荷重100kg構造など、同社の小型ノートPC「KOHJINSHA SA」シリーズの流れを汲むが、新たにワンセグチューナ(アンテナ着脱式)を内蔵。また、液晶上部に130万画素Webカメラを搭載するなど、パーソナル向けの機能を強化した。

 筐体デザインはSAシリーズと異なるが、バッテリ/スタンドはSAシリーズ用を流用可能。

 主な仕様はメモリ512MB(最大1GB)、HDD 40GB、OSにWindows Vista Home Basicを搭載し、価格は99,800円。


posted by カミガタ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ノートパソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。