2016年04月21日

マイクロソフトが次期バージョン「Edge」でVP9/Opusを利用したWebM形式をサポート!

最近のマイクロソフトはオープンソースとの調和に大きく舵を降っていますが、これもその1つ。まさかマイクロソフトのWebブラウザでWebM形式が標準サポートされる日が来るとは、数年前には思わなかった…。

Wikipediaで有名なWikiMedia財団が開設しているサイト、Wikimedia commonsは写真だけでなく実は動画もあげられるのですが、mp4形式は上げられず(mpegLAの管理するH.264/mpeg4技術のライセンスのためと思われます)WebM形式のみ上げられました。よって、動画の数も全然少なかったのですが、これでアップロード数も増え、共有が増えるかな。

また2011年には、GoogleはすべてのYouTube動画をWebMに変換することを発表しており(H.264/H.265も引き続きサポート)、実はWebMで見ているというケースも増えてくるのではないかと思います。
4Kの動画配信時代にはmpegLA側のH.265とWebM側のVP9が、がっぷりよつになり、今回のEdgeでのWebMサポートは大きな影響を与えるのでは、と思います。

次期バージョンの「Microsoft Edge」ではVP9/Opusを利用したWebM形式をサポート
今夏公開予定の「Windows 10 Anniversary Update」とともに正式リリースされる見込み

米Microsoft Corporationは18日(現地時間)、ビデオコーデックに“VP9”、オーディオコーデックに“Opus”を利用した“WebM”形式を次期バージョンの「Microsoft Edge」でサポートすることを明らかにした。“Media Source Extensions(MSE)”を利用したWebストリーミングに利用できるようになるほか、「Microsoft Edge」のAPIを利用した“Windows Web Apps”でもWebM動画のストリーミング再生が行えるようになるという。

 同社はWindows 8.1から“MSE”サポートを提供しているが、当初はH.264/AVCビデオとAACオーディオを利用するFragmented MP4形式のみに対応していた。最近ではH.265/HEVCビデオとDolby Digitalマルチチャンネルオーディオを利用したMP4形式のサポートも追加されているが、これはあくまでもハイパフォーマンスメディアを視野に入れたもので、帯域の制限されるWebで扱いやすいものとはいいがたかった。

 「Microsoft Edge」ではVP9のソフトウェアデコードに加え、ハードウェアが対応している場合に限り“DXVA(DirectXのハードウェア機能)”を介したハードウェアデコードがサポートされる。ただし、システムとバッテリーへの負荷の観点から、初期状態ではハードウェアデコードが利用できる場合のみVP9サポートが有効化されるとのこと。ソフトウェアデコードでVP9を利用したい場合や、VP9サポートそのものを無効化したい場合は“about:flags”画面でオプションで設定を切り替える必要がある。

 一方、Opusはそのような懸念がないので常にソフトウェアデコードで処理される。VP9と同じく、“about:flags”画面で無効化することも可能だ。

 VP9/Opusをサポートした「Microsoft Edge」は「Windows 10 Insider Preview」Build 14291に搭載されており、今夏公開予定の「Windows 10 Anniversary Update」とともに安定版としてリリースされるとのこと(編集部にて「Windows 10 Insider Preview」Build 14316で確認)。なお、現時点ではモバイルでVP9がサポートされないので注意。Opusはデスクトップとモバイルの両方でサポートされる。
(窓の杜より)
posted by カミガタ at 09:17 | TrackBack(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。