2016年04月19日

15.6インチで980gのWindowsノートPCがLGから! CPUや端子も妥協せず

15.6インチで重量1kg切り! 最初に聞いた時はタブレットに使われるAtomでも使ってるの? と思いましたが、INTEL Coreプロセッサ採用で、Core i7モデルも有ります。USBの数も3つ。しかもType-CタイプのUSB端子を備えてる。フルキーボードだし、microSDカードスロットも付いてます。
13.3インチで1kg切りという製品はいくつかありましたが、これは革命的な製品。薄さも16.8mmで、Core i7の排熱に耐えられるの? とか日本で発売されたとしたら値段も気になりますが、これが日本の一般的なノートPCのデザインを変えていく可能性があり、今後の展開に注目ですね。

LG、15.6型で1kgを切る世界最軽量の薄型ノート

LG Electronics USAは、15.6型サイズながら重量980gという1kgを切ったクラムシェルノート「LG gram 15」シリーズを発売した。

 今年(2016年の)1月に開催されたCES 2016のプレビューイベントで展示されていた製品で、15型クラスのノートの中では世界最軽量を謳っている。また、本体の厚みも16.8mmと13型クラスのモバイルノート並みに薄い。本体はマグネシウム合金で構成されており、耐久性も備えている。本体色はNew Goldの1色のみ。

 幅357.6mmからなる15.6型という大きさを活かし、テンキーを含めたフルキーボードを採用。USB 3.0 Type-Cといった最新のインターフェイスを備えるが、本体への給電機能はなく、充電は40WのACアダプタから行なわれる。バッテリは容量4,495mAhの2セルのリチウムポリマーで、駆動時間は7時間。

 ラインナップは2機種で、Skylake世代のCore i7-6500U(2.5GHz)搭載モデルとCore i5-6200U(2.3GHz)モデルをそれぞれ用意し、価格は前者が1,499ドル、後者は1,099ドルとなる。

 Core i7-6500U搭載モデルの主な仕様は、GPUはCPU内蔵ビデオ機能、メモリ8GB、SSD 512GB、15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)IPS液晶ディスプレイ、OSはWindows 10 Homeを搭載。一方のCore i5-6200U搭載モデルでは、ストレージがSSD 256GBという以外は同仕様。

 インターフェイスは共通で、USB 3.0 Type-C(Power Delivery対応)、USB 3.0、USB 2.0、microSDカードスロット、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力、音声入出力などを装備。

 本体サイズは357.6×228.4×16.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は980g。

 日本での発売は不明。
(PC Watchより)
posted by カミガタ at 00:59 | TrackBack(0) | ノートパソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。