2015年12月05日

OpenStreetMapのデータを間引かず地図上に表示:地図アプリ「plainMap」

見ましたが、これは本当に美しい! 繊細な感じが伝わってくるとともに、OpenStreetMapに関わられた多くの人(自分も含めてですが)の成果がここに表れてますね!

元記事はこちら


地図が紡ぎ出すグラフィックを愛でるための地図アプリ「plainMap」……すべての情報を間引くことなく掲載!

 黒い陸地に細かくびっしりと描き込まれた無数の道路や河川の線。ズームアウトしてもすべての情報が間引かれることなく描かれたこの地図は、一見すると航空写真のようにも見える。地図会社の東京カートグラフィック株式会社が10月に公開したiOSアプリ「plainMap」(120円)は、そんな不思議な地図アプリだ。plainMapのデザインへのこだわりとともに、同社が近年行っている新たな地図表現への取り組みについて話を聞いた。

 plainMapは、フリーでオープンな地理空間情報を市民の手で作り上げるプロジェクト「OpenStreetMap(OSM)」のデータを使ったiOS用地図アプリだ。その特徴は、地図の縮尺を切り替えても道路や河川などの情報が間引かれることなく、すべて表示されること。当然ながらズームアウトすると大量の細かい線が密集するため、普通の地図アプリのような使い方には適さない。App Storeの説明書きに「実用的な地図アプリではありません」と注意書きが入っているのを見れば分かるように、plainMapは地図を活用するためのアプリではなく、地図を鑑賞することを目的としたアプリなのだ。

 plainMapの開発に携わった東京カートグラフィック企画部部長の宮坂芳男氏はこのアプリについて、「GoogleやAppleの地図とは違う発想で作りました」と語る。

 「一般的な地図アプリでは、ズームアウトしたときに情報を間引いて主な道路だけを出すのが当たり前で、デジタル地図というのはそういうものだと思っている人が多いと思いますが、plainMapではすべての情報を間引くことなく載せて、ズームアウトしても消えないようにしてあります。子供のころ、地図帳を見て、ものすごく小さい地名を見つけて遊んだことはありませんか? “細部が分かる”というのが地図の魅力の1つだと考えて、それを形にしたのがこのアプリです。」(宮坂氏)

 東京カートグラフィックは、官公庁や企業に向けたオリジナル地図の作成や、地理空間情報システム(GIS)の構築、測量・調査、地図をモチーフにした文房具や雑貨の販売など、さまざまな地理空間情報ビジネスを手掛けている。その中の1つとして、ソフトウェア開発事業があり、かつては衛星画像をベースにさまざまなデータを重ね合わせて表示できるWindows向けの教育用地図ソフト「Green Map」を開発したこともある。

 「Green Mapを作ったときに感じたのが、紙地図は印刷でとても小さい字を入れられるのに対して、PCのディスプレイの解像度では小さい字を書けないという不満でした。ところが今は、Retinaディスプレイをはじめ、スマートフォンやPCのディスプレイはかなり高精細化しています。このようにディスプレイが進化してきた今だからこそ、すべての情報を載せるという表現が可能になると思いました。」(宮坂氏)

 plainMapは、黒地に道路は白色で、鉄道の路線は緑色、空港は紫色など、一般的なデジタル地図ではあまり使われていない配色となっている。道路については、高速道路や国道、一般道の区別なくすべて白線で描かれており、それらが密集した網の目のように絡まった様子は、小縮尺で見るとまるで写真のように見えるから不思議だ。

 「このアプリを開発する上でイメージしたのは“脳細胞”です。ヨーロッパの地図で郊外を見ると、集落が点々と存在して、それらが道路でつながっている様子が脳の細胞のように見えることを表現したかった。ヨーロッパと比べると、日本の場合は街がずっと連続していて、その様子が全く違うことが分かります。このような普通の地図では見られないのが見ることができる、異なる側面から地図を見ることができるのがこのアプリの魅力です。だから、鉄道路線を緑色にするなど、普通の地図ではあまり使われていない配色にしました。」(宮坂氏)

 OSMのデータをすべて収録したとは言っても、この地図は細部までズームインできるわけではなく、標準地図に比べると中途半端なサイズまでしか拡大することはできない。あくまでも無数の道路が絡みあう様子を全体的に眺めるのがこのアプリの正しい楽しみ方であり、拡大して細部を見ることを目的としたアプリではないからだ。

 「例えばフランスのパリ周辺をGoogleやAppleのマップで表示し、ズームアウトしていくと、ある縮尺レベルでセーヌ川が消えてしまいますが、plainMapならどんなに引いても川が消えることはありません。ふだん見慣れている地図がけっしてすべてではないと思いますし、当社のような立場としては、Google マップにはない地図デザインを追求し、一般的な地図が持つ制約を取り払いたいと考えて作りました。」(宮坂氏)

 地図上を長押しすることで表示中の地図の画面にタイトルを付けてリストに登録したり、左下の「Where」ボタンをタップすることで世界地図上で現在地を確認したりすることもできるが、地図アプリとしての機能は極めてシンプルで、plainMapの地図上では検索すらできない(右上の「MapKitボタンを押してAppleマップに切り替えて検索することは可能)。宮坂氏によると、このようなアプリを作った理由は、「地図とグラフィックをもっと近づけたい」という思いがあったからだという。

 「役に立つ実用的な地図を見たければGoogleやAppleの地図を使えばいいわけで、plainMapの場合は地図の形状や地図そのものをコンテンツとして捉えて、見て楽しんだり考えたりしてもらうための地図だと考えています。このアプリは地図が好きな人だけでなく、グラフィックが好きな人にもぜひ見てもらいたい。将来的には、今回とは違ったデザインの地図アプリを作ることも検討しています。」(宮坂氏)

 今回のように新たな地図表現を追求した取り組みは、実は東京カートグラフィックにとってこれが初めてではない。同社は2013年に「cart.e(カート・ドット・イー)」というプロジェクトを発表している。同プロジェクトでは、背景地図画像をさまざまなデザインに切り替えて見られる「Map+Design」や、地図の上にユーザーがデザインしたオリジナルの地図を投稿可能にする「MapOnMap service」、さまざまなグラフィックを地図の上に配置する「Images on cart.e」、鉄道路線網が地図上で生き物のようにうごめく地図など、数多くの種類の地図をウェブ上で公開した。

 「2005年にGoogle マップが登場して以来、インターネットで地図をどのように表現すればいいのかをずっと考えていました。そんな中、OpenStreetMapという誰もが自由に使える地図データがどんどん整備されてきて、ある程度、実用的なデータとして世界中が網羅されていき、場所によってはGoogle マップよりも情報が充実しているところもあるという状況になりました。さらに、データを配信するサーバー設備についても、クラウド環境が整ってきて安価に利用できるようになり、そのような状況を利用して何かができるだろうと考えたのが、cart.eのプロジェクトを立ち上げたきっかけです。」(宮坂氏)

 cart.eの背景地図のほとんどは、OSMのデータをもとに米MapBox社のオープンソースソフト「Tilemill」で作成されており、その上に、各地の名産品や動く路線図など動きのある東京カートグラフィック独自の素材が載っている。

 「地図の上にただ情報を載せるだけではつまらないと考えて、例えば線路が動く地図は、当初は路線が動きながら次第に白くなっていって、最後に鉄道路線図に変化させようとか、いろいろなアイデアを考えていました。このころにさまざまな試行錯誤を行ったことにより、グラフィックデザインと地図データを扱う技術、そしてオープンソースのソフトウェアを組み合わせることで、Google マップにはないものを作れるという感触が得られました。これが現在のplainMapにつながっています。」(宮坂氏)
(後略)
(Impress Watchより)


posted by カミガタ at 10:16 | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。