2007年05月19日

Blu-ray Discが200GBになる新技術、日立が開発

なんか技術的には難しいですね…。
ただ分かることは、実用化されたらパソコンでのHDDのバックアップ用途に使いやすくなるのでは、と思います。
問題はいつ実用化されるか、です。HDDの容量も増大していってますからね。

  

日立、Blu-rayで8層/200GBを可能とする光学技術
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000029-imp-sci

日立製作所中央研究所は18日、光ディスクの再生信号出力を10倍に増幅する光学系基本技術を開発したと発表した。同技術はBlu-ray Discの多層化などへの応用が見込めるため、Blu-rayで4層100GBから8層200GBまでの記録再生を実現できるとしている。

 光ディスクにおける記録密度は、一般的に記録再生するレーザー光を絞り込んだ「光スポット」の大きさで決まる。しかし、Blu-ray Discにおいては、すでにその光スポットの微細化の限界に達しているため、記録層の多層化による高密度化が検討されている。

 だが、多層化ディスクでは重なり合う複数の記録層を通して、奥の記録層にも読み書きをするため、手前の層により信号光量が低下し、ノイズに信号が埋もれてしまうなどの困難がある。

 そのため、日立製作所中央研究所では、光の干渉を利用して検出信号を増幅するという「ホモダイン検出法」を、現行の光ディスクと親和性の高い光学系に導入するための技術を開発。具体的には、「偏光プリズムによる参照光生成と偏光差動検出」、「光路差揺らぎを補償する差動検出」の2つの技術を開発した。

 レーザー光源からの光をあらかじめハーフミラーなどにより、2系統に分けてその一方を信号で変調。再生時に変調した「信号光」と、もう一方の変調していない「参照光」と干渉させることで、信号を増幅できるという。

 今回、実験システムで原理実験を行ない、参照光の強度を信号光の100倍に設定することで、少ないノイズで再生信号を10倍に増幅できることを確認。このときの参照光の強度は、現行の記録型多層光ディスクで使われているレーザー出力より小さな値という。


posted by カミガタ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。