2014年02月08日

GoogleMapのストリートビューが「自作」できる!

「Google マップビュー」に「constellation(星座)」という新機能が提供開始されました。
この機能を使えば自分で投稿したパノラマ写真を、Google提供のストリートビューのように画面内の矢印をクリックして写真間を移動できるようになります。
また、自作投稿のパノラマ写真→ストリートビューの片方向ですが投稿画像からストリートビューへの移動も可能となります。

手法はInternet Watchの[趣味のインターネット地図ウォッチ第180回「ストリートビュー」を自作して「Google マップ」で公開する方法]に載っています。長い記事なので、大雑把に下記で手順を説明します。

(1)パノラマ写真を位置をズラして線状に繋がった複数箇所で撮影。
-スマートフォンやタブレット向けのパノラマ撮影アプリを使用(Android4.2以降標準搭載の「Photo Sphere」など)
-リコーのパノラマカメラ「RICHO THETA」でパノラマ写真を撮影

(2)Googleのパノラマ画像規格「Photo Sphere XMP」対応のメタデータを付加(「Photo Sphere」での撮影では不要)
(3)Googleアカウントでログイン
(4)Google+に「写真をフルサイズでアップロードする」にチェックを入れて投稿
(5)Google マップビューにアクセス。写真をインポート
(6)位置情報やタイトルを調整
(7)Googleの審査
(8)審査に通るとメールが来る
(9)Google マップ上で“ペグマン”を操作する事で、ストリートビューや屋内写真の閲覧サービス「おみせフォト」とともに表示されるPhoto Sphereを示すポイントをクリック。パノラマ写真が表示される
(9)Googleアカウントでログインし、Google マップビューにアクセス。
(10)パノラマ写真を拡大した状態で左下の「編集」をクリックし、さらに「コレクションを編集」をクリック
(11)画像同士をクリックでつなぐ。ストリートビューの画像とを繋ぐことも可能(投稿画像からストリートビューへの移動が可能に)
(12)パノラマ写真の方向を調整

1月30日に、RICHO THETAの専用アプリがバージョンアップしてPhoto Sphere XMPに対応し、撮影した写真をGoogleマップで公開することが可能になったとリコーから発表がありました。
今後多くのデジカメなどの画像機器やパノラマ写真ソフトが、Photo Sphere XMPに対応すると考えられます。
そうすると、3Dで日本中・世界中をくまなく「歩く」ことができることが期待されます。今後が楽しみです


posted by カミガタ at 23:57 | TrackBack(0) | 位置情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。