2013年04月13日

1TBのSSDも視野に。Micronの新型SSDが960GB=6万円で秋葉原に登場

BUY MORE秋葉原本店他、秋葉原の複数のショップで最大960GBのMicron製新型SSDが発売されました。
1TBもいよいよ視野に入って来ましたね。
まだ6万円しますが、コストダウンにともなってこれから安くなって数年後には主力になるのでは、と楽しみです。

SDDのショッピング



SSDが「最大約1TB」時代に、Crucialの新型「M500」が発売
960GBモデルは約6万円、120GB〜480GBの下位モデルも同時
Micronの新型SSD「Crucial M500」が登場。最大容量の960GBモデルなど、複数のモデルが発売された。

 発売されたのは、2.5インチタイプの120GB/240GB/480GB/960GBモデルとmSATAタイプの120GBモデル。実売価格は12,800〜66,800円。960GBモデルは59,950円という格安販売例も確認できた。

 ただし、その960GBモデルは「入荷は少量で、次回入荷は未定」という。発売当日に完売したショップも複数あり、当分は争奪戦になりそうだ。

●Marvell製コントローラと同社製MLC NANDを採用960GBモデルは当面品薄?
 M500は、Marvel製コントローラ「88SS9187」と20nm製造の同社製MLC NANDフラッシュを搭載した6Gbps SATA SSD。

 2.5インチ、mSATA、M.2の3つの形状があり、2.5インチタイプのみ最大容量モデルの960GBが用意されている。mSATAとM.2は480GB、240GB、120GBの3モデル(M.2については後述)。

 大容量の2.5インチSSDとしては、KINGMAXの「SMU25 Client Pro」やOCZの「Octane」といった1TBの製品もあるが、いずれも実売10万円超と非常に高価。一方、M500の960GBモデルは、1TBに及ばないものの実売6万円台。絶対的な価格はまだ高いものの、導入しやすい大容量SSDとして注目されそうだ。

 公称性能が最も高いのは960GBモデルと480GBモデルで、シーケンシャルアクセスがリード500MB/s、ライト400MB/s、ランダムアクセスがリード/ライト80,000IOPSとされている。

 以下のモデルについては、240GBモデルがシーケンシャルリード500MB/s、ライト250MB/s、ランダムリード72,000IOPS、ライト60,000IOPS、120GBモデルがシーケンシャルリード500MB/s、ライト130MB/s、ランダムリード62,000IOPS、ライト35,000IOPSとなっている。

 SSDの寿命の指標となるTBW(総書き込み容量)は72TB。1日40GBのライトを行なった場合で5年間使用できるとしている。また、MTTF(平均故障時間)は120万時間とされている。2.5インチタイプには、9.5mm厚に変換するスペーサーが付属する。

 なお、M.2(NGFF)は、現行のmSATAより薄い拡張モジュール向けフォームファクタで、次世代Ultrabookでの採用が見込まれている。
(AKIBA Watchより)


posted by カミガタ at 14:07 | TrackBack(0) | HDD・SSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。