2013年04月12日

Wi-fi搭載で実用度が増したアウトドアデジカメ、富士フィルムFinePix XP200

防水、耐衝撃機能だけでなく、ユニークな形状で定評の富士フィルムのアウトドアデジカメFinePix XPシリーズの最新機種が登場です。

XP200は、前機種のXP150に比べ、GPSが外され(XP150では、測位時間の短縮やランドマーク機能の搭載で使いやすさの向上を図っていたのですが、残念ながら優先度が低いと判断されたようです)Wi−Fi機能を搭載して来ました。
これは個人的にはありがたいです。なぜならSDカードにWi-Fi機能を搭載しているモデルもありますが、SDカードスロットを塞ぐ上に動画記録も考えると容量や価格面で不満があり、最初から内蔵してくれたほうがありがたいです。
XP150から進化した面として、動画の音声記録がステレオになりました。スキーやダイビングなどで臨場感ある音で撮れそうで嬉しいです。さらに防水深度が10mから15mへとアップしています。

基本機能の底上げとWi−fi機能の搭載で実用的なデジカメとしても使えるXP200はオススメできる機種です。


富士フイルム、Wi-Fi搭載の防水耐衝撃機「FinePix XP200」を国内発売
富士フイルムは、防水耐衝撃コンパクトデジタルカメラ「FinePix XP200」を27日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万円前後の見込み。カラーはブルー、イエロー、ブラック。

 15m防水、2m落下耐衝撃、-10度耐寒、防塵といったタフネス機能を備えたモデル。海外では3月22日に発表していたが、国内発売が未定だった。海外でラインナップしているレッドは国内では発売しない。

 同社タフネスモデルで初めてのWi-Fi機能を搭載した。スマートフォンなどに無料アプリ「FUJIFILM Camera Application」をインストールすることで、最大30枚の画像をカメラで選択して端末に送信できる。また、Wi-Fiルーター経由でPCに自動保存する「FUJIFILM PC Auto Save」にも対応する。

 撮像素子は1/2.3型有効1,640万画素CMOSセンサー。レンズは35mm判換算28-140mm相当の5倍ズーム。

 液晶モニターは約92万ドットの3型。
(デジカメWatchより)


posted by カミガタ at 21:17 | TrackBack(2) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アウトドアデジカメの富士Firepix XP200が出た。Wi-fiはじめ実用的な基本機能の底上げを評価したい
Excerpt: 特徴のあるボディスタイルで定評のあるFinePix XPシリーズの最新機種が出ました。 ここで比較するのは前機種のXP150でしょう。 XP150はGPSを搭載していますので、XP200にも搭載…と..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2013-04-12 21:18

防水、耐衝撃機能にWi-Fi、ステレオ動画がついた富士フィルムFinepix XP200
Excerpt: Wi-Fi機能は手軽にPCやスマートフォン、タブレットとデータ転送ができる面でもはや当たり前といえるでしょう。このXP200はタフネスなボディにWi-Fi機能を搭載してきました。外に持ち出したいデジカ..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2013-04-12 21:36

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。