2012年06月27日

親会社のヤフー自らファーストサーバ障害の損害賠償の支払いを含めた話し合いをユーザー企業と開始

これはスピードあって、誠意ある対処ですね。本当なら。


ファーストサーバ障害:親会社のヤフー自ら補償などの顧客対応を開始

レンタルサーバ事業者のファーストサーバが顧客のメールおよびウェブデータを消失した問題で、ファーストサーバの親会社であるヤフーが、損害賠償の支払いを含めた話し合いをユーザー企業と開始していることがZDNet Japanの取材で分かった。

 ヤフー自身がファーストサーバの顧客に金銭面での賠償を含めた対応を開始している。

 ヤフーによると「個別のお客様に案内をし始めており、最終的には対象となるすべてのお客様と連絡を取る」という。

 ヤフーは「子会社のサービスで発生した障害で多くの方に迷惑をかけ申し訳ない」と話し、事態の復旧を急ぐファーストサーバを全面的に支援するとしている。

 一方、ファーストサーバは電話取材に対して「FAQ以外の事柄に関するメディアの取材に対してはメールと電話で順次対応する」と述べた。
(ZDNet Japanより)


posted by カミガタ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | エンタープライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファーストサーバ事件に見る騒動への違和感と「教訓」
Excerpt: 今回の騒動では、「データ復旧が〜」「損害賠償が〜」に話題が集中しています。確かにデータを取り戻せないのは痛い。サーバ上に置かれていたデータは膨大で、かつデータベースのような動的に変化するデータだったの..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2012-06-27 11:55

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。