2009年04月22日

買ってはいけないナンバー1? シャープのMebius新製品 PC-NJ70A

ティザー広告までして、期待感を煽らして出たものが、コレとは…。
ネットブックと同じ性能(しかもVistaで体感ダウン)で、値段はアップ。

「光センサー液晶」いう前にPCの基本的な部分がダメなら、どうしようもない(Vaio P並みの動作の重さになるのでは)

せめてCore2 Duoとか、AMDのYUKONを採用して、一定のスペックは維持するのが当然なのでは。

「光センサー液晶」に釣られて買う人が本当に気の毒です。

シャープといえば、液晶テレビでも最近コストダウンが目立ちますし、不況期にはこういう商品しか企画できないのでしょうか。

これでMebiusも終わってしまうのでしょうね。

「写真にペンで文字やイラストを追加する機能」って、昔のワープロ「ペン書院」を思い出します…。

(Impress Watchより)
シャープ、光センサー液晶搭載のMebius


シャープ株式会社は、光センサー液晶をポインティングデバイスとして搭載した「Mebius(メビウス) PC-NJ70A」を5月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万円前後。

 光センサー液晶は、シャープの独自技術で、今回が初の商品化となる。4型854×480ドットの液晶パネル上で、タッチ操作とペン入力が可能となっている。液晶表面は透明な硬い素材で、パームレスト部分と同じ平面になっている。

 光センサー液晶の特徴を生かしたアプリケーションソフトも搭載されており、写真にペンで文字やイラストを追加する機能や、手書き文字入力による辞書検索などが実現されている。

 ハードウェア的な仕様は、Atomベースのネットブックだが、OSはWindows Vista Home Basicが搭載されている。目標とするターゲットは、家庭内の2台目/3台目のPCで、若い女性や主婦層、シニア層などを想定している。ボディカラーは、ホワイトとブラックが用意され、着せ替え可能な透明カバーもオプションで用意される。

 本体の基本的な仕様は、Intel Atom N270(1.60GHz)、モバイルIntel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、メモリ1GB(最大2GB)、160GB HDD、10.1型1,024×600ドット液晶など。

 インターフェイスは、USB 2.0×3、Ethernet、IEEE 801.11b/g無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、SDカード/メモリースティック/xD-Picture Card兼用スロット、ミニD-Sub15ピン、音声入出力など。

 本体サイズは260×190×23.3〜39.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.46kg。バッテリ駆動時間は約3時間。

 搭載される電子辞書は、「広辞苑」、「漢字源」、「スーパーアンカー英和辞典/和英辞典」、「新世紀ビジュアル大辞典」、「パーソナルカタカナ語辞典」、「現代新国語辞典」。
posted by カミガタ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117894461

この記事へのトラックバック