2009年02月16日

USB付き金庫登場。USBの汎用さの証明だ

USBの汎用性はついにここまで来ましたか。
個人的には、この金庫のメリットは物理的にメディアを持っていかれないだけで、(データコピーで盗まれたら終わりだし)せめてセルフパワーにも対応していれば、とも思っているのですが、目を引く商品なのは間違いないでしょうね。

ポータブルHDDはこちら


(ITMediaより)
世界初、USB端子付き金庫 HDD入れたままデータ読み書き


金庫メーカー米Sentryの日本法人・セントリー日本は2月16日、USB端子を備えた金庫を3月上旬に発売すると発表した。USB接続のポータブルHDDなどを金庫に入れたまま、金庫外側にあるUSB端子にPCを接続し、データを読み書きができる。USB端子付き金庫は世界初としている。

 金庫の内側にAタイプの端子を、外側にミニBタイプの端子を1基ずつ装備。内部の端子にUSBバスパワー対応のポータブルHDDやUSBメモリなどを接続し、外部の端子にPCを接続すれば、金庫を閉めたままPCからデータを読み書きできる。

 耐火・耐水性を備え、鍵とテンキー入力の暗証番号でロックする。CDトレイや小物トレイ、キーフックなどを備え、CDやDVD、鍵などを一緒に保管できる。

 「QE5551」(16万5900円)と、ひと回り小さい「QE4531」(12万3900円)の2種類で、QE5551は 472(幅)×491(奥行き)×603(高さ)ミリ、重さは約84.0キロ、QE4531は415(幅)×491(奥行き)×453(高さ)ミリ、重さは約60キロ

 昨年米国で開かれた家電見本市「2008 International CES」で、「イノベーションアワード家具部門賞」を受賞したという。


posted by カミガタ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。