2008年10月09日

PC用地デジカー意外に売れずピクセラ大赤字

地デジ搭載の大型テレビも最近急激に値下げしてますし、元々パソコンに搭載しているのならともかく、後から付けてという人はあまりいないというのが現実でしょう。
今やテレビでもインターネットが見れますからね。
PC用地デジチューナーはマニア向けの製品になってしまっているようです。

それにしてもピクセラってこんなに赤字が多かったんだ。
会社の存続が心配ですね…。

(ITMediaより)
地デジカード、期待ほど需要盛り上がらず──ピクセラが下方修正


ピクセラは10月7日、2008年9月期の連結業績予想を下方修正し、売上高が前回予想から21億5600万円減の65億3900万円にとどまる見通しだと発表した。赤字も拡大する。

 5月にPC用の地上デジタル放送対応キャプチャーカードが解禁されたが、一般販売は「期待されたほどの需要を見せず」、また注力していたOEM販売も、個人向けデスクトップPCの需要低下が著しく、デスクトップ向け製品を中心に出荷台数が計画を大きく下回った。

 またデジタル家電向けでも、組み込みデジタル放送受信ボードの新製品が、合理化や開発遅れで計画の大半が来期以降にずれ込んだ。自社の液晶テレビも、製造費用を抑えたことで生産台数が減少したという。

 修正後の予想は、営業損益が20億7400万円の赤字(前回予想比8億6100万円の悪化)、経常損益が26億200万円の赤字(同8億9700万円の悪化)、純損益が24億8500万円の赤字(同8億600万円の悪化)。


posted by カミガタ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。