2008年09月09日

USBメモリ経由で感染するウイルス・マルウェアが増えている

ウイルスバスターだと、ドライブ名を指定してウイルス検索ができる機能が備わっています。
もちろんUSBメモリでも接続するとドライブ名が表示されますので、これで検索OKです。

接続してデータをHDDにコピーする前にできること。
それがUSBメモリにウイルススキャンをかけることです。

「TROJ_FAKEALER」は「Antivirus XP 2008」(別名あり)などの名前でセキュリティ対策ソフトに偽装しているようです。

(japan.internet.comより)
USBで感染するマルウェアが拡大、トレンドマイクロが報告

トレンドマイクロは2008年9月4日、2008年8月度のインターネット脅威月刊レポートを公開した。

報告によると、8月の不正プログラム感染被害の総報告数は6520件で、7月の6368件からやや増加した。USBメモリ関連の不正プログラム「MAL_OTORUN1」が検出マルウェアランキングで5月以来再び1位となり、USB メモリを利用して感染する不正プログラムが拡大しているようだ。

同社は、「USBメモリを不特定多数の人間と共有したり、ウイルス対策が行われていないコンピュータで使用することにより、不正プログラムの感染が繰り返されていることが要因と考えられる。USB メモリの使用前には、ウイルス対策ソフトで USB メモリをスキャン」するように注意を呼びかけている。

8月の不正プログラム検出ランキングでは、1位の「MAL_OTORUN1」に続いて、バックドア「BKDR_AGENT」、トロイの木馬の「TROJ_RENOS」(3位)、同じくトロイの木馬の「TROJ_GAMETHIEF」(4位)、JavaScriptの「JS_IFRAME」(6 位)などが上位を占めた。

また、感染報告数ランキングでは、偽セキュリティソフト「TROJ_FAKEALER」や、ブルースクリーンの画面を表示してユーザーの不安感を煽る「JOKE_BLUESCREEN」がランクイン。「TROJ_FAKEALER」は偽の感染警告を画面上に表示し、ユーザーに対して偽セキュリティソフトの購入を促し、購入画面では、氏名やメールアドレス、クレジットカード番号などの入力が求められ、入力した情報は外部に送信される。

トレンドマイクロでは、偽セキュリティソフト関連の不正プログラムの侵入を目的とするスパムメールの流通を確認しており、スパムメールには、不正なWebサイトへ誘導する URL が記載されているという。


posted by カミガタ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。