2008年09月08日

Webブラウザの満足度1位は「Firefox」

Firefoxの場合、プラグインで拡張が容易なのも満足する理由ですかね。
「正しく表示や操作ができないサイトがある」はIE準拠のスタイルシートやJavascript、ActiveXの弊害でしょうか。
「Safari」は速いけど、互換性の問題が。
「Google Chrome」はまだまだ問題が多そう。

(Impress Watchより)
Webブラウザの満足度1位は「Firefox」、アスキー総研調査


アスキー・メディアワークスのリサーチメディア部門「アスキー総合研究所」は8日、Webブラウザに関するユーザー満足度調査の結果を公表した。

 調査はアスキー総研アンケートモニター(週刊アスキー、アスキー・ドットPC、月刊アスキー、マックピープル各誌読者)を調査対象として、Webアンケートを実施したもの。有効サンプル数は723件。調査期間は9月3日〜4日。

 調査によれば、主に使用しているWebブラウザは、WindowsユーザーではInternet Explorer(IE)が66.3%と多数を占めた。以下はFirefoxが23.2%、Sleipnirが5.3%、Operaが1.8%、 Lunascapeが1.2%、その他が2.2%。IEのバージョン別では、IE7が51.5%、IE6以下が14.9%となった。

 一方、Macユーザーでは、「Safari」が64.5%と多数を占めており、以下は、Firefoxが28.1%、IEが5.1%、その他が2.3%で、MacユーザーでもFirefoxが2位となった。

 主に使用しているWebブラウザを選んだ理由については、IEユーザーの場合は「PCにインストールされていた」が36.1%と最も多い。一方、Firefox(Windowsユーザー)では「使い勝手が良い」が70.9%、Safari(Macユーザー)でも「使い勝手が良い」が64.3%と、使い勝手や動作の速さが選択の理由として多く挙げられている。

 主に使用しているWebブラウザの不満点については、IEでは「動作が遅い」が31.9%と最も多かった。一方、FirefoxとSafari については、「正しく表示や操作ができないサイトがある」が不満点として最も多かった(Firefoxは36.8%、Safariは45.0%)。

 使用しているWebブラウザについて「十分満足している」と回答したユーザーの割合は、IE(Windows)が9.9%、Firefox (Windows)が39.3%、Firefox(Mac)が36.1%、Safari(Mac)が26.4%。また、IEユーザーでは「あまり満足していない」(14.9%)、「まったく満足していない」(1.8%)という回答も他のブラウザのユーザーに比べて多かった。

 また、グーグルが9月3日(日本時間)に公開した新ブラウザ「Google Chrome」についても、既に使用したと回答したユーザー80人に対して同様の調査を実施。「十分に満足している」が21.3%に達する一方、「あまり満足していない」が17.5%、「まったく満足していない」も2.5%となるなど評価が分かれたが、Google Chromeの公表直後の調査のため、結果については参考にとどめたいとしている。Google Chromeの今後の使用意向については、「メインで使うブラウザにしたい」が20.0%、「メインでは使わないがサブで使うつもり」が36.3%、「まだわからない」が36.3%などとなっている。


posted by カミガタ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。