2008年08月19日

富士フィルムの次のデジカメ新機種からxDピクチャーカード非対応?

S8100fdの後継機ですね。日本で発売されますと。
この値段でフルではありませんがHDムービーは魅力的ですね。
やはり、ビデオカメラとの境界線は狭まっている?

気になるのは使用できるメモリカードにxDピクチャーカードがないこと。記者の誤記かもしれませんが。
xDピクチャーカードは2GBより上が出なかった事が痛いですね。
速度も遅いし、値段も高い。
もしこの記事が事実なら、SDカードに統一は当然の判断だと思います

(Impress Watchより)
富士フイルム、HD動画対応の「FinePix S2000HD」を海外発表


富士フイルムは、光学15倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix S2000HD」を海外で発表した。米国では299.95ドルで9月に発売する。

 広角27.6mm(35mm判換算)からの15倍ズームを備えた高倍率モデル。撮像素子は1/2.3型有効1,000万画素CCD。最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。感度はISO100〜6400。ISO3200〜6400では500万画素相当での記録となる。

 最大1,280×720ピクセル、30fpsでの動画撮影も可能。また、静止画を1080iでTVに出力可能。CCDシフト式の手ブレ補正機能を備える。

 レンズは35mm判換算の焦点距離27.6〜414mm、F3.5〜5.4の15倍ズーム。最短撮影距離は広角端で70cm、望遠端で2.5m。スーパーマクロモードでは、1cmまで接近して撮影可能。

 シーンモードやプログラムAEのほか、シャッター速度優先AEとマニュアル露出の各モードを搭載する。最大10人まで対応する顔検出機能も備える。500万画素相当で6.8枚/秒、300MB相当で13.5枚/秒の連写が可能。

 液晶モニターは約23万画素の2.7型。0.2型約20万画素のEVFも備える。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード。内蔵メモリーは55MB。

 電源は単3×4本。アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム電池が利用できる。撮影可能枚数はアルカリ乾電池で約300枚、ニッケル水素充電池で約400枚、リチウム電池で約650枚。

 本体サイズは111×75.7×78.9mm、本体のみの重量は約386g。


posted by カミガタ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。