2016年01月09日

IEEE802.11ad(WiGig)無線LANは2016年のトレンド!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

PC WatchのNECとエレコムがIEEE 802.11ad対応ルーターを展示 〜急速に立ち上がる60GHzの高速通信ソリューション より

NECとエレコムは、CES 2016のメイン会場となるLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のQualcommブースに、IEEE 802.11ad(いわゆるWiGig)規格に対応した開発中の無線LANルーターを展示しました。

このIEEE 802.11ad(WiGig)、ミリ波と呼ばれる60GHzの超高周波数を利用。これまでの802.11aをはじめとする5Ghz帯、802.11bをはじめとする2.4Ghz帯(現在両方の最新普及規格が802.11ac)に比べ、無線の直進性が強く、壁越しなど隔てるものがあった場合は不向きですが、広帯域幅のため、近距離ではこれまでよりピークの通信速度は大幅アップ

5GHzのIEEE 802.11acでは、複数のアンテナを使うことで現状やっと1Ghz強の通信速度に対応している現状ですが、このIEEE 802.11adだと1本のアンテナで2Ghz台の実行速度が出せる優れものです。

参考展示されていたルータはQCA9500というQualcomm Atheros社の無線チップを使い、今までの802.11ac規格ももちろん使えます。
QCA9500はQualcomm(クワルコム)のハイエンドスマートフォン向けSoCであるSnapdragon 820の最初のOEMメーカーになったLeTVのスマートフォン「Le Max Pro」で搭載。

今回の参考展示2社のルータも、具体的なスケジュールの説明はないものの、既に筐体も完成しており、さほど遠くない時期に登場してもおかしくないそうです。

Intel(インテル)も「Intel Tri-Band Wireless-AC 17265」や、その後継となる「Intel Tri-Band Wireless-AC 18260」などで、それぞれ、IEEE 802.11ad、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0の3つの機能を1つのM.2モジュールにまとめた製品を出荷済。

それを元に、Dell(デル)やHP(ヒューレット・パッカード)のPCやワイヤレスドックを製品化。
さらにLenovo(レノボ)も新しく発表されたThinkPad X1 YogaやThinkPad X1 Carbonで採用。CESではLenovo(レノボ)がThinkPadを使って、802.11adで通信するワイアレスでディスプレイを出力していました。




IEEE 802.11adに対応した機器が徐々に増えつつあり、2016年はルータの登場やPC本体の対応拡充などでより普及に弾みが付きそうですね!
posted by カミガタ at 14:05 | TrackBack(0) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。