2009年10月26日

Windows 7は64bit版バカ売れ! 64bit版普及が確実に

自作ファンの方は新し物が多く、Windowsの新作が出たのをきっかけに、「それなら64bit版にするか」ということだと思います。

これは思ったとおりですね。

自作好きならおそらくWindowsXPやVistaで32bit版は持ってるでしょうから、デュアルブートすることによって、32bit/64bit両方のWindowsを
使って比較したいと思っていることでしょう。

キャプチャー関連など、まだ一部のハード・ソフトは64bit版に非対応のものも見受けられますが、メーカ製パソコンの中でもソニーや東芝など64bit版Windowsをプリインストールして販売するケースも目立つようになりました。

64bit版にすることにより、3GBの壁を越えられるようになります。
今はメモリも4GB搭載するのが当たり前です。
今後32bit版だとRAMディスク化ソフトでも使わない限り、メモリを使い切れなくなります。
最適化することで、ソフトも64bit版のほうが快適に動くようになるでしょう。

新しくWindowsPCやDSP版などWindows OSを購入するのでしたら、今から64bit版にした方がオススメです。

64bit版 Windows7


(Impress Watchより)
64bit版Windows 7は人気でやや品薄、週明けには回復?


DSP版、パッケージ版とも販売好調が伝えられるWindows 7だが、売れ行きのよさと64bit版人気から、週末までに一部エディションが品薄になっている。

 品薄は早期に解消されそうだが、発売後初めての週末なのに探さないと買えない、というのはちょっと珍しい。

●64bit版Ultimate/Professionalが品薄に

 品薄感が強いのは64bitのDSP版UltimateとProfessional。

 アキバでは大手を含む主要店の多くで23日(金)までに売り切れており、全体でも半数近いショップが完売状態。残るショップも「あまり潤沢ではない」とする例が多く、ショップでは追加発注に追われる状態。

(中略)

品薄の原因については、「Windows 7の売れ行きが想像以上な上、64bit版がここまで売れるとは思わなかった」(ショップ)という声が主流。実際の売れ行きに関しては、「1日分と考えていたWindows 7が半日で売れる」「64bit版は32bit版の3倍の勢いで売れていく」(それぞれ別ショップ)といった声が聞かれる状況だ。

(後略)
posted by カミガタ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモリのDDR2とDDR3との価格差が縮小。逆転も時間の問題か?!

この価格差なら、逆転は時間の問題といえるでしょう。

DDR3はパフォーマンス的に得られる向上はごくわずかですが、これから最新のCPUソケット規格のマザーボードはどんどんDDR3で出てくるものと思われます。
また、DDR2採用のマザーボードは数を減らしていくでしょう。

個人的にも今からDDR3を買ったほうがお得だと思います。
将来、マザーボードやCPUを買い換えた際に、メモリの流用ができるかもしれませんからね。

(Impress Watchより)
主流メモリがDDR3に実質交代?、DDR2は価格も上昇中
Windows 7による買い替え機運も影響?


Windows 7の登場と時をあわせるようにして、メモリの主役が交代しつつある。

 店頭ではDDR3の売れ行きが増し、主流のポジションを磐石に。反面、これまで安価だったDDR2メモリがここ数週間で価格急騰、価格差が目立って縮小しつつある。

 最近の売れ筋である2GB×2枚セットで見た場合、今週の最安値はDDR2(PC2-6400)で5,880円、DDR3(DDR3-1333)で7,350円。まだ確固たる価格差は存在するが、店頭では「DDR3ばかりが売れていく」という。

(中略)

また、これに輪をかけているのがWindows 7による「買い替え」機運。ショップによると、Windows 7の登場で「一式組みなおしたい」という人が非常に増えたという。昨年から見ると、64bit WindowsやSSD、LGA1156/1366、Socket AM3など、コストパフォーマンスや実用性が大きく向上、あるいは大きな変化があった規格が多く、「この機会に全て更新」と考えている人も多いと思われる。

 いずれにせよ、メモリの主流は実質交代した感が強い。現時点ではDDR2のほうが安価だが、先々の増設などを考えるならば、DDR3を選択したほうがそろそろ間違いないといえるだろう。
posted by カミガタ at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

コレはお得、49800円のDual Core CULVノート

OSも付いての値段ですから、お得ですね。
スペック的にもバッテリの持ち時間のみは不満ですが、Gigabit EthernetやIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANなど、CULVノートにしては頑張っています。

秋葉原の「クレバリー インターネット館」で販売しているようです。

(Impress Watchより)
49,800円のCULVノートが販売中

実売価格49,800円、ほぼネットブック並みの価格ながらCeleronを搭載するCULVノートPC「U200(U200-026JP)」がMSIから発売された。実売価格は49,800円。

 U200は、超低電圧版デュアルコアCPUのCeleron SU2300(クロック1.2GHz)やグレアタイプの12.1インチ液晶パネル(1,366×768ドット)などを採用したコンパクトなノートPC。 CULVノートの安価な製品は6〜7万円前後だが、U200はOSがインストール済み(Windows 7 Home Premium)で、実売価格が5万円を切るという安さが大きな魅力だ。

 本体サイズは幅297×高さ24〜31×奥行き190mm、重量は約1.4kg。一般的なネットブックに比べるとやや大型だが、Atom搭載のネットブックよりも高いパフォーマンスが欲しい人にとっては有力な選択肢になりそうだ。

 その他の主なスペックや搭載機能は、Mobile Intel GS45 Express/ICH9M-SFFチップセット、メモリ1GB(DDR2 800、SO-DIMMスロット2基/空き1基、最大4GB)、HDD 160GB(Serial ATA接続)、VGA、HDMI、Gigabit Ethernet、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n準拠)、Webカメラ(130万画素)、メモリカードリーダー。光学ドライブは非搭載。
posted by カミガタ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ノートパソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

新型iMac一番の革命は液晶一体型初、フルHDを越える解像度の液晶ディスプレイだ

この機種は、速くなったCPU、全機種にLEDバックライトのIPS液晶搭載、標準付属キーボード・マウスのワイアレス化、お求め安くなった価格などいろいろ魅力がありますが、業界に大きく影響を与えそうなのが、27型モデルの液晶ディスプレイの高解像度化です。

30インチサイズの一部の単体ディスプレイで、これに近い解像度のものがありましたが、Dual Link DVIポートが必要になり、それに対応しているグラフィックボードが少ないため、一部の普及にとどまっていました。

今回液晶一体型という、現在のデスクトップPCの主流である機種で、これだけの解像度の液晶ディスプレイを採用したのは、業界に与える衝撃が大きいでしょう。

デジカメが高画素化したり、ビデオカメラがフルHDが当たり前になっている今、液晶ディスプレイの解像度も上がる方向に行くのかもしれません。

Appleだけが特別、というのはこの競争社会でそうは長くはないでしょうし、ディスプレイメーカー(おそらく韓国のLG社製と思いますが)からも、この解像度の液晶が単販売される日も近いのではないかと思います。



(Impress Watchより)
アップル、iMacをモデルチェンジ

アップルは、液晶一体型Macintosh「iMac」をモデルチェンジし、21日から順次発売する。

 iMacは21.5型と27型の2機種4モデルが用意される。いずれも、液晶はLEDバックライトのIPSパネルに変更された。

 21.5型1,920×1,080ドット液晶搭載モデルは、Core 2 Duoベースで、下位モデルはチップセット内蔵グラフィックス、上位モデルはATI Radeon HD 4670GPUを搭載する。

 27型2,560×1,440ドット液晶搭載モデルは、下位モデルがCore 2 Duoベース、上位モデルはクアッドコアのCore i5ベースで、さらにCore i7もBTOで選択できる。Core i5/7モデルのみ11月の出荷開始となる。

 アップルストア価格は、21.5型が118,800円と148,800円、27型が168,800円と198,800円。

 21.5型下位モデルの主な仕様は、Core 2 Duo(3.06GHz)、NVIDIA GeForce 9400Mチップセット(ビデオ機能内蔵)、4GBメモリ、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。

 主なインターフェイスは、USB 2.0×4、IEEE 1394b×1、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、出力用Mini DisplayPort、SDメモリーカードスロット、iSightカメラ、音声入出力など。

 27型上位モデルは、Core i5(2.66GHz)、4GBメモリ、ATI Radeon HD 4850(512MB)GPU、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。BTOで選択できるCore i7は2.80GHz。

 主なインターフェイスは、21.5型に準じるが、Mini DisplayPortは出力専用ではなく入力も可能なタイプとなっている。ただしアダプタは別売。

 21.5型の本体サイズは528×188.5×451mm(幅×奥行き×高さ)、重量が9.3kg。27型は、650×207×517mm(同)、13.8kg。

 キーボードとマウスはワイヤレスで、マウスは新型のマルチタッチ対応「Magic Mouse」が付属する。
posted by カミガタ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

やはりというか、WEP解読方法が載ったUSBの無線アダプタが発売 LAN、

やはり無線LANの暗号化にWEPを使用するのは、もう限界のようです。

(Impress Watchより)
WEPの危険度がさらに拡大、解析ソフトつきの無線LANアダプタが発売される

数年前から脆弱性が指摘され、使用禁止さえ提言されている無線LANの旧式セキュリティ規格「WEP」だが、いよいよ危険度が高まってきたようだ。

 今週発売された輸入品のUSB無線LANアダプタ「GS-27USB」には、「付属ソフトでWEPキーを解読する手順」が書かれたマニュアルが付属。ショップではこれに関して「詳細は不明で、マニュアルの内容も特に確認していない」と説明しているが、仮に利用できてしまった場合を考えると、セキュリティ的には衝撃的な事態といえる。

 GS-27USBそのものはIEEE 802.11g/b準拠のUSB無線LANアダプタ。本体の外観やパッケージデザインなど、見た目は普通の無線LAN機器といった印象で、パッケージ裏面のイラストでもこの製品を一般的な無線LAN子機として用いる例が示されている。しかし、同梱の英語マニュアルには付属ソフトを使ってWEPキーを解読する手順などが記載、それと見られるドライバCDも付属している。メーカーは台湾GSKY。

 WEPは「10秒で解読できる」などと言われ、以前からその脆弱性が指摘されていたが、実際に解読法が解説された製品が店頭に現れたのは衝撃だ。

(中略)

 なお、この製品は通販サイトやネットオークションなどでも販売されており、すでに国内でも一般に出回っている可能性が高い。無線LANを使う際は、WEPによるセキュリティは存在しないものと考え、WPAやWPA2などの別の暗号化方式を使うべき状態だ。

 なお、ゲーム機などではWEPしか対応しない製品も存在するが、最近ではゲーム機用に限定的なWEP接続を提供、PCとの接続ではWPA2などでセキュリティを確保する、というマルチSSID対応の無線ルータも存在している。


記事を補足すると、このUSB無線LANアダプタは、輸入ゲーム関連製品やPC周辺機器などを扱う、秋葉原の三月兎2号店という店で売られている商品です。

WEPがすぐに解読できるということは前から言われていましたが、実際英語とはいえ、解読できるマニュアルとソフトが付いているものが売られているとは…。
店のほうで、外して売ることはできなかったんでしょうか。

http://reisato.plala.jp/rsato/weblog/2009/10/18/2230.html
こちらの方で、解読を試された方もいらっしゃいます。
かなり安易にできちゃうようですね…。

記事の通り、WEPは使わず、WPA/WPA2を使うようにしましょう。

今の無線LANルータのほとんどはマルチSSID(バッファローでは、「マルチセキュリティ」と呼ぶ)が付いていますから、安心ですね。
posted by カミガタ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

流出したHotmailのパスワードを分析、最多は「123456」

10%。この数字を多いと見るか少ないと見るか。
流出したアカウントから、パスワードの傾向がはっきりしたと言えます。
数字のみのパスワード、アルファベットのみのパスワードは危険です。

あなたのPCに安全を。パスワードロック機能USBメモリなど


(mycomジャーナルより)
流出したHotmailのパスワードを分析、最多は「123456」


米MicrosoftのWebメールサービス「Windows Live Hotmail」のユーザーアカウント情報がオンラインに流出する事件が起きたが、その約10000アカウント分のパスワードをセキュリティ会社Acunetixの研究者が分析した。公開されたレポートによると、最も使われていたパスワードは「123456」(64件)。全体の10%が脆弱なパスワードだったという。

パスワードは簡単に予想されないように、数字とアルファベットを無作為に組み合わせて、短すぎないものが好ましい。だが複雑で長すぎると使いにくくなる。そのバランスが難しいところだ。Acunetixが公開したパスワード分析結果 (合計10,028件、有効9,843件)によると、ユニークで予想しにくいパスワードが全体の90%に達していたものの、残る10%は容易に見破られそうなパスワードだった。

(2位以降)
2. 123456789 (18件)
3. alejandra (11件)
4. 111111 (10件)
5. alberto (9件)
5. tequiero (9件)
5. alejandro (9件)
5. 12345678 (9件)
9. 1234567 (8件)
10. estrella (7件)

トップ10の半分を非常に予想しやすい数字が占めた。さらに11位から20位には「iloveyou」、「daniel」、「000000」、「654321」、「america」などが含まれる。

パスワードのタイプは、アルファベット小文字だけが最も多く42%、続いて、大文字/小文字/数字の組み合わせが30%。数字のみが19%、アルファベット/数字/アルファベット以外の文字の組み合わせが6%、大文字と小文字が3%となっている。パスワードの長さの平均は8文字だった。6文字から9文字が多く、全体の69%を占める。

(後略)
posted by カミガタ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

バッファローからUSB3.0製品登場! 意外と安いぞ。

HDDが1GBで21,000円ですか。実売はもうちょっと安くなるはずだから、思ったよりもかなり安いですね。

USB2.0だと、速度の問題がありますからね。
速度を重視したい人にとっては、決して手が届かない値段ではないのでは。

大手が製品化してますからね。
マニアックなものではなく、思ったより早く一般化しそうな予感が。

後はコントローラーチップが内蔵されたマザーボードが増えれば、思ったより早い勢いで普及するかも。

(Impress Watchより)
バッファロー、世界初を目指すUSB 3.0対応HDDとI/Fカード


株式会社バッファローは、USB 3.0規格に対応した外付けHDD「HD-HU3」シリーズと、インターフェイスカード「IFC-PCIE2U3」を10月下旬に発売する。USB 3.0対応製品の商品化はまだ例がなく、バッファローでは「一般ユーザーが入手できるUSB 3.0製品としては世界初出荷となる見込み」としている。

 外付けHDDは、1TBの「HD-H1.0TU3」が21,000円、1.5TBの「HD-H1.5TU3」が 26,565円、2TBの「HD-H2.0TU3」が48,930円。インターフェイスカード「IFC-PCIE2U3」は5,565円。HDDの2TBモデルのみ受注生産となるが、ほかは10月下旬に出荷の予定。

 USB 3.0は規格値で5Gbpsと、USB 2.0の480Mbpsの10倍以上の速度を実現している。外付けHDDのボトルネックとなっていたインターフェイスの高速化により、内蔵HDDに近い高速なアクセスが期待される。

 また、バッファローではUSBの高速化ユーティリティ「TurboUSB」も添付する。これにより、USB 3.0接続時でも、さらに高速化が可能であるとしている。

 なお、インターフェイスカードには、NECエレクトロニクス製ホストコントローラLSIを、外付けHDDには富士通マイクロエレクトロニクス製のUSB 3.0-SATAブリッジLSIを搭載している。
posted by カミガタ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 外付けHDD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

やっと出た普及版ギガビットイーサネット対応無線ルータ、「AtermWR8300N」

AtermWRシリーズには、最上位機種のWR8500Nがあります。
この機種は、それには速度、一部のハイエンドな機能面はおそらく及ばないでしょうが、低コストでギガビットイーサネットに対応した無線ルータを揃えられます。

他社が結構早くからギガビットイーサ搭載の無線ルータの低価格化に取り組んでいたのに対し、NECはWR8500Nを除き、ギガビットイーサ搭載ではなく、安定性には定評があるものの、「どうかな」と思っていて、「やっと出たか…」という感じです。

有線LANの主流は完全にギガビットイーサですからね。
遅すぎたくらいです。

LANポート自動節電と、同時5接続までのPPPoEマルチセッションは魅力ありますね。

市場でバッファローやコレガ、IOデータ機器と好勝負演じてほしいです。

Atermの製品はコチラで


(Impress Watchより)
NEC、11nやギガビット有線LAN搭載の無線LANルータ「AtermWR8300N」


NECアクセステクニカは、IEEE 802.11nおよびIEEE 802.11b/gに準拠した無線LANルータ「AtermWR8300N」を10月下旬に発売する。オープンプライスで、店頭予想価格は単体モデルが1万1000円前後、USB無線LANアダプタとのセットモデルが1万5000円前後の見込み。

 「WR8300N」は、アンテナ構成が送信×2、受信×2の2ストリーム構成で、理論値で最大300Mbpsの無線LAN通信が可能な製品。アンテナや無線回路などの送受信機能を最適化して通信距離の向上を図る「ロングレンジ設計」も採用した。また、有線インターフェイスは、ギガビットイーサネットに対応する。

 無線LAN機能では、2つのSSIDを設定できる「マルチSSID」機能を備え、無線LANアクセスポイントモードでの動作時を含めて、2つのSSID間の通信を分離できる「ネットワーク分離機能」を用意する。無線LAN設定では、NECアクセステクニカ独自の「らくらく無線スタート」とWi-Fi Allianceの「WPS」に対応しており、ボタン操作でクライアント機器との無線LAN設定を完了できる。無線LANセキュリティは64/128 /152bitのWEP、WPA/WPA2(AES/TKIP)などをサポートした。

 省電力機能「ECOモード」は、本体側面の「ECOボタン」を押下すると、初期設定の「設定1」では無線LAN 機能の停止、有線LAN速度を100Mbpsに制限、電源以外のLEDの消灯が可能。また、設定画面から「設定2」を選択すると、無線LANを最大 65Mbpsに制限、有線LANポートを100Mbpsに制限、電源以外のLEDをオフにできる。設定画面からはECOモードの動作時間を設定できるスケジュール管理機能も用意する。

 新機能として、未使用のLANポートを自動的に判別して電力供給を制限する「LANポート自動節電」機能を搭載。NECアクセステクニカでは、「ECOモード」と「LANポート自動節電」の併用によって、通常6.8Wの消費電力を最大51%削減できるとしている。

 加えて、ファームウェアをWeb設定から1クリックでバージョンアップできる「ワンタッチバージョンアップ」機能も新たにサポート。また、定期的にファームウェアの更新状況を確認して、ユーザー指定の時刻から30分以内に自動で更新する機能も備える。

 それ以外の仕様としては、ボタン操作で接続回線に応じて動作モードを自動選択する「らくらくネットスタート」、本体起動時に電波状態の良い無線LANチャネルを自動選択する「オートチャネルセレクト」などを搭載。同時5接続までのPPPoEマルチセッションのほか、PPPoEブリッジやIPv6ブリッジ、 VPNパススルー(PPTP/IPSec)、UPnP、DMZホスト機能などをサポートする。
posted by カミガタ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneユーザーの9割が「人にiPhoneを薦めたことがある」

ブランドイメージ、iPhoneのデザイン、操作性、充実したアプリケーションのラインナップ、これらがあいまって普及につながっているのでしょうね。
今後もiPhoneには要注目です。

(computerworld.jpより)
iPhoneユーザーの9割が「人にiPhoneを薦めたことがある」

(前略) 
この調査はコンサルタント企業の米国CFI Groupが、1,000名以上のスマートフォン・ユーザーを対象に行ったものだ。

 各社のスマートフォンに対する満足度を見ると、もっとも満足度が高かったのはAppleの「iPhone」で、83%ものユーザーが満足しているという。もっとも、一般消費者が、個人的にスマートフォンを利用しているという事実を踏まえれば、この結果も驚くには値しないだろう。以下、Googleの「Android」プラットフォーム製品とPalmの「Palm Pre」が同率の77%、RIM(Research in Motion)のBlackBerryは73%、すでに販売終了している「Palm Treo」は70%、Nokiaの「Symbian OS」搭載製品とMicrosoftの「Windows Mobile」搭載製品は66%であった。

 調査結果からは、iPhoneユーザーが製品に満足しているだけでなく、iPhone自体に愛着心を強く持ち、その魅力を周囲に対して積極的に伝えていることもわかった。調査対象となったiPhoneユーザーのうち、92%が理想的な携帯電話であると述べ、90%が人にiPhoneを薦めたことがあると答えている。また、35%は知人からの薦めでiPhoneを購入したとしており、ほかのスマートフォンから乗り換える場合も、iPhoneが選ばれるケースがいちばん多かった。

 AndroidおよびPalm Preが高い満足度を記録したのも、iPhoneと共通する特徴を持っているからだという。その特徴とは、例えば多彩なアプリケーションや手軽なWebエクスペリエンス、マルチメディア再生など、消費者受けのよい機能のことだ。

 一方で、Palm Treoや初期のBlackBerryといったビジネス・パーソン向けスマートフォンは人気に陰りが見られる。さらに、SymbianやWindows Mobileを搭載する“ノーブランド”製品にいたっては「存在すら忘れかけられている」とCFI Groupでは指摘している。
posted by カミガタ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vistaのシェアがもう減少!

Windows7が出る前の現象ですか。
セキュリティ的には以前のWindowsに比べ、プラス面もあったVistaですが、これほど人気がないとは。
動作の重さ、UACによるわずらわしさ、要求される解像度などが受けなかった原因なのでしょう

(Computerworld.jpより)
Vistaのシェアがピークを超えて初めて減少へ


米国MicrosoftのWindows Vistaが、およそ2年前に出荷されて以来、初めてシェアを減らした。同社の新OSであるWindows 7に乗り換える動きが広がっていることを示す兆候が、早くも現れていると言えそうだ。

 米国のWeb動向調査会社Net Applicationsによると、9月のOS市場におけるVistaのシェアは8月よりも0.2ポイント下げて18.6%だったという。2008年1月に正式出荷され、徐々にシェアを伸ばしていたVistaだったが、今回初めて減少に転じた。

 一方、Windows 7のシェアは0.3%増え、今年1月にベータ版の提供が始まってから1カ月間の成果として最大の伸びを記録した。Windows 7は、9月にインターネット接続したコンピュータの1.5%にインストールされていると見られており、この数字も最高の値であった。

 Microsoftは、10月22日にWindows 7を一般ユーザー向けに正式出荷する予定であり、6月26日以降にVista搭載PCを購入したユーザーを対象に無料または低価格でのアップグレードも提供するため、インターネット接続ベースでのシェアが今後さらに伸びるのはまちがいない。

 一方、Windows 7の正式出荷が始まる前にVistaのシェアが下がりはじめたということは、このOSのシェアが19%に達することなく収束していく可能性が高いということである。一方で、8年前に発売されたWindows XPは、2009年9月時点でも71.5%という高いシェアを保っている。もちろんWindows XPも23カ月連続でシェアを減らしているが、9月の下落幅は0.3%と8月ほどは落ち込んでおらず、過去2年間の平均下落幅のおよそ半分程度に落ち着いた。
posted by カミガタ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。