2009年09月17日

ペンタックスの単3電池対応一眼レフに待望の新機種。今度は秒4.7コマ連写だ!

以前、売れて欲しい、ペンタックスのエントリーデジタル一眼レフ「K-m」という記事で、前機種にあたる「K-m」の健闘を願っていたのですが、ペンタックス陣営はこの路線の継続を決め、上位機種的な存在として、「K-x」を送り出しました。
非常に喜ばしいことです。

11点AF、秒4.7コマ連写、動画対応、単3対応の一方、値段はレンズキットで7万円と思ったより安く、私などはニコンD40を持っていなければ、購入対象に上げようかというほど、魅力的なスペックです。

搭載しているCMOSもニコンでいえば、D90やD5000相当のものでしょう。高感度での画質も期待できます。

後は以下にまだデジタル一眼レフを持っていない層にアピールするか。
ニコン・キヤノンのブランド力は強く、「ペンタックス」は販売店では見劣りします。
いかに購買につなげていくアピールができるか。
それがこの系統の将来、ひいてはペンタックスデジタル一眼レフの今後に大きくかかわっていると言えます。

ペンタックスの一眼レフ


(mycomジャーナルより)
ペンタックス、小型軽量の高性能エントリー機「K-x」 -秒4.7コマ連写に対応

HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部(ペンタックス)は、デジタル一眼レフカメラの新製品として「PENTAX K-x」を10月中旬から発売すると発表した。小型軽量化をさらに追求したほか、高速動作や新しい画像処理機能を追加した。価格はオープンで、実売想定価格はレンズキットが7万円前後、ダブルズームキットが9万円前後となっている。

(中略)

K-xは、2008年10月発売の「PENTAX K-m」をベースに、新たに有効約1240万画素CMOSセンサーを採用。画像処理エンジンも「PRIME II」(PENTAX Real Image Engine II)へと進化させた。富士通マイクロエレクトロニクスの技術で処理速度がさらに向上しており、動画撮影時の高速データ転送も可能になった。

動画撮影では1280×720ピクセル・24fpsのHD動画撮影機能に対応。フォーマットはMotion JPEGとなる。高速処理としては、エントリークラスではトップレベルという最高約4.7コマ/秒(17コマ:JPEG時/5コマまで:RAW時)という高速連写が可能だ。

(中略)

シャッタースピード換算で約4段分というボディ内手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」、最高速度1/6000秒のシャッターユニット、中央部9点がクロスタイプの11点ワイドAFといった新機能も投入。

(中略)

電源は単3形電池×4で、撮影可能枚数はリチウムイオン電池×4でストロボ発光なしが約1,900枚、ストロボ50%発光が約1,100枚(いずれもCIPA準拠)となっている。
posted by カミガタ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンキヨー、「SOTEC」ブランドを廃止して「ONKYO」ブランドに統一

昨日梅田のヨドバシに行ったら、すでにPCやディスプレイの一部が「ONKYO」マークになってました。

もう移行は始まっているようですね。



(mycomジャーナルより)
オンキヨー、「SOTEC」ブランドを廃止して「ONKYO」ブランドに統一


オンキヨーは17日、同社製PCブランド「SOTEC」を廃止して、新たに「ONKYO」ブランドでPCを発売していくと発表した。

オンキヨーは、2008年にソーテックと合併しSOTECブランドでPCを発売してきた。その後も、国内主要工場である鳥取オンキヨーにPC生産を移管し、高い品質のモデルを生み出し続けてきている。

だが今回、オンキヨーがオーディオ市場で培った高い品質と高付加価値のブランドイメージをPC事業においても積極的に展開すべく、SOTECブランドを廃止し、ONKYOブランドを使用してPCを発売することとなった。

SOTECブランドのPCの修理およびサポートなどのアフターサービスについては、今後も続けていくとしている。ただし、同社が運営する直販サイト「SOTEC DIRECT」は、ONKYOブランドの製品を販売する直販サイト「e-onkyo direct」と10月に統合し、「ONKYO DIRECT」へとサイト名を変更する。
posted by カミガタ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。