2009年06月26日

Eee PC製品登場で、あの製品が買いやすくなる?

これらのモデルの登場で、客がそちらに流れ、1000HEが安くなったら狙い目ですね。
独立キーのキーボードで、バッテリーも9.3時間と持ちますから。

ただこちらも「Eee PC 1005HA」という後継機の登場も予定されており、6セル/2.8アンペアアワーのバッテリーで10.5時間駆動するとか。
投入が待ち遠しいですね。

お得になる? Eee PC 1000HEとEee PC関連製品
 

(Impress Watchより)
ASUSTeK、極小マザーボードと新型筐体の「Eee PC Seashell」


台湾ASUSTeK Computerは、新型筐体を採用したスタイリッシュな「Eee PC Seashell」2モデルを7月中旬より発売する。価格は10.1型の「1008HA」が49,800円、11.6型の「1101HA」が57,800 円、「1101HA with Office」が67,800円。

 その名が示す通り、貝殻をモチーフとした丸みを帯びたデザインの筐体を採用。従来のモデルより1/4にまで縮小したマザーボードを新開発することで、1008HAにおいては18〜25.4mmという薄型を実現。重量も1.1kgと軽量化を図った。また、全てのコネクタに本体の形に合わせたカバーをつけるなどスタイリッシュさにもこだわっている。

 デザインを優先したことで、ディスプレイ出力は小型の専用コネクタになってしまったが、ミニD-Sub15ピン変換アダプタが本体底面に収納されているため、別途持ち運ぶ必要がないというユニークな機構を採用している。

 1008HAのおもな仕様は、Atom N280(1.66GHz)、メモリ1GB、HDD 160GB、1,024×600ドット(WSVGA)表示対応10.1型光沢液晶、Intel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、Windows XP Home Editionを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×2、SDカード(SDHC)/MMCスロット、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth V2.1+EDR、Ethernet、専用ディスプレイ出力、130万画素Webカメラ、音声入出力を装備。タッチパッドはマルチタッチ対応。キーボードは人間工学に基づいたというフルサイズ比92%のものを採用する。

 バッテリはリチウムポリマーで、駆動時間は約5.5時間。本体サイズは262×178×18〜25.4mm(幅 ×奥行き×高さ)。10GBのWebストレージとUSBマウスが付属する。本体色はパールホワイト、クリスタルブラック、ロイヤルブルー、ローズピンクの 4モデル。

 1101HAも同じコンセプトの丸みを帯びた筐体を採用するが、こちらはコネクタにカバーはついておらず、デザインよりもやや性能を重視させたモデル。高解像度液晶を採用し、バッテリ駆動時間は約10.7時間とこれまでのEee PCで一番長い。

 主な仕様は、Atom Z520(1.33GHz)、メモリ1GB、HDD 160GB、1,366×768ドット(WXGA)表示対応11.6型液晶、Intel US15Wチップセット(ビデオ機能内蔵)、Windows XP Home Edition、StarSuite 8を搭載。

 特徴として、音楽や写真などへのアクセス、チャット、データ同期などのオリジナルツールがインストールされ、「Eee Docking」と呼ばれるランチャーにより簡単にアクセスできる。

  1101HA with Officeには2年間ライセンス版のOffice Personal 2007が付属。また、このモデルにはWindows Vista Home Premium搭載モデルも今後予定されており、そちらはWindows 7優待アップグレードの対象となる。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、SDカード(SDHC)/MMC/メモリースティック(PRO)スロット、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth V2.1+EDR、Ethernet、ミニD-Sub15ピン、130万画素Webカメラ、音声入出力を装備。タッチパッドはマルチタッチに、スピーカーは疑似5.1chのSRS Premium Soundに対応。キーボードはキーピッチ18.1mmの大型タイプを採用する。

 本体サイズは286×196×21.8〜36.2mm(同)。10GBのWebストレージとUSBマウスが付属する。本体色はパールホワイト、クリスタルブラックの2モデル。Eee PCとしては初めて、1年間のグローバル保証が付属する。
posted by カミガタ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

オリンパス初のマイクロフォーサーズは懐かしの「ペン」ブランドで登場!

ついに出ましたね。
ファインダーレスで形状はコンパクトカメラを大きくしたようなもの。
金属の外装も高級感ありますね。
お値段は安くないですが、こだわり志向の方には人気出るのではないでしょうか。
個人的には、フォーカスやホワイトバランスの応答スピードが気になりますね。ライブビュー前提ですから。
動画は頑張ってH264を搭載してほしかったかな。
オリンパスにはまだそこまでの経験がないといえば、そうですが。

(ITMediaより)

「オリンパス・ペン」がマイクロフォーサーズで復活 最小レンズ交換式デジカメに

オリンパス・イメージングは6月16日、マイクロフォーサーズ規格に準拠したレンズ交換式デジタルカメラ「オリンパス・ペン E-P1」を7月3日に発売すると発表した。往年の名機のコンセプトをデジタルで受け継ぎ、レンズ交換式デジカメとしては世界最小・最軽量の金属外装ボディに仕上げた。

 価格はオープン。マイクロフォーサーズ専用レンズとセットにしたレンズキットが基本で、パンケーキレンズ17ミリF2.8とビューファインダーをセットにした「パンケーキキット」の実売予想価格が11万円前後など。ボディのみは受注生産となる。
photo 35ミリ換算で34ミリ相当の「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」(4万9875円)と、28〜84ミリ相当のズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」(シルバー/ブラック、3万6750円)

 「オリンパス・ペン」は、1959年10月に発売されて世界累計1700万台を販売したコンパクトカメラ。ペンが35ミリフィルムの通常コマの半分を使う「ハーフサイズ」コマを採用することでカメラの大衆化に貢献したように、新製品はマイクロフォーサーズの採用で「より多くの人に写真の楽しさやカメラを持つ喜びを味わっていただきたい、という思いをこめて」(同社)、ペンの名前を冠した初のデジカメとなった。

 ボディサイズは120.5(幅)×70.0(高さ)×35.0(奥行き)ミリ、重さは約335グラム。撮影はライブビューによる液晶ディスプレイを見ながら行うかわりに、一眼レフに必要なペンタプリズムやミラーボックスを省くことで小型化した。

 センサーは4/3インチ有効1230万画素MOSセンサー。最大4032×3024ピクセル(RAW、JPEG)の画像を撮影できる。動画は1280×720ピクセル/30fpsのHD撮影が可能だ。
posted by カミガタ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。